バドミントンルール

バドミントンの試合の基本ルール【シングルスとダブルスのサーブ権とコートラインを図で解説】

2019年7月3日

バドミントンの試合の超基本ルール【シングルスとダブルスのコートのラインを図で解説】

これからバドミントンをやりたい人や始めたばかりの人は、バドミントンの基本ルールがわからない人もいると思います。

 

バドミントンの試合で戸惑わないためにも、サーブ権とコートラインをしっかり覚えたいですね。

 

そこで今回は、ダブルスとシングルスのサーブ権とコートラインを図で解説しました。

 

バドミントンの基本ルールを覚える参考にしてください。

バドミントンの試合の基本ルール【シングルスとダブルスのサーブ権とコートラインを図で解説】

バドミントンの試合の点数

バドミントンはシングルスもダブルスも基本的な試合形式は「21点3ゲーム」で、先に2ゲームとった方が勝利です。

 

地区大会の初戦~2回戦やローカルな大会だと試合形式が、「25点1ゲーム」だったり「15点3ゲーム」だったりします。

 

ゲーム形式でインターバルの取り方や得点の上限か変わったりするので、大会要項をしっかり確認することが必要ですね。

 

まず試合を始める前に「どっちがサーブをする」か「コートをとるか」を、ジャンケンやコイントスで決めます。(ほぼジャンケンで、全国大会はコイントスで決めますね)

 

例えばジャンケンに勝って自分がサーブ権を選んだ場合は「自分がサーブするかレシーブするか」を選択でき、もう片方は「コートをどちらにするか」を選ぶことができます。

 

コートをとる場合は奥行や壁の色だったり照明の位置などで、シャトルの見え方が変わるので基礎打ちのときにしっかり確認しておくといいですね。

 

試合の得点は自分の打ったシャトルが規定のラインの内側(ライン上もOK)に入ったら得点ゲットで、ラインの外側ならアウトで相手の点数になります。

 

サーブはポイントを取った方からサーブします。

 

20-20になった場合は2点差をつけた方がゲームポイントをとり、29-29になった場合は先に30点をとった方が勝ちです。

 

ゲームに勝った方が次のゲームで最初にサーブをすることになります。

 

ここまではシングルスもダブルスも同じルールです。

 

バドミントンのサーブする方向は基本的にダブルスとシングルスで同じですが、使うコートの広さが違うので図で解説していきます。(ここではコートの範囲だけで立つ位置の細かい説明は別の機会にします)

 

コートのラインの名称は下の図を参考にしてください。(寸法まで覚える必要はないですね)

 

バドミントンの試合の基本ルール【シングルスとダブルスのコートのラインを図で解説】

 

シングルスコート

シングルスのルールはシンプルなので覚えやすいと思います。

サーブのコート(偶数)

バドミントンの試合の基本ルール【シングルスとダブルスのコートのラインを図で解説】

サーブー権を持っている人の得点が偶数(0,2,4,6…)の場合は、コートの図の黒い線で囲った右側からサーブします。(ラインを踏んではいけません。)

 

サーブ打ったプレイヤーは青い線で囲ったコートの枠に入るようにサーブします。(サーブしたシャトルがネットインしたり、ライン上に落ちても得点になります。)

 

横はセンターラインから内側のサイドラインで、縦は手前のサービスラインから一番後ろのロングサービスライン(シングル)までです。

 

サーブが枠の中に入らなかった場合はアウトで、得点があいてにはいるのでしっかりサーブを入れましょう。

 

サーブのルールはラインを踏んだらいけないとかあるので、知らない方はこちらで確認してみてください。

【バドミントン】サーブのルールをわかりやすく教えます【経験者もしっかりと覚えておきましょ】

今回はバドミントンのサーブに関するルールについて簡単に解説を書いています。   フォルト(反則)をとられるのはほとんどがサーブ周りなので、まずサーブに関係するルールを覚えておくといいでしょう ...

続きを見る

 

サーブのコート(奇数)

バドミントンの試合の基本ルール【シングルスとダブルスのコートのラインを図で解説】

サーブー権を持った人の得点が奇数(1,3,5,7…)の場合は、コートの図の黒い線で囲った左側からサーブします。

 

偶数のときとコートが反対になっただけですね。

 

ラリーのコート

2打目以降は前のサービスラインは関係なくなるので、黒色の範囲の飛んできたシャトルを青色にコートに返せばOKです。

 

縦はネットの内側から後ろのバックバウンダリーラインまで、横の内側のサイドライン(シングルス)までになります。

 

ダブルスコート

ダブルスはパートナーがいるので、ルールが若干ややこしいですね。

サーブのコート(偶数)

バドミントンの試合の基本ルール【シングルスとダブルスのコートのラインを図で解説】

ダブルスはシングルスとサーブする方向は一緒ですが、使うコートのラインが変わります。

 

サーブー権を持ってる人の得点が偶数(0,2,4,6…)の場合はコートの図の黒い線で囲った右側からサーブします。

 

サーブ打ったプレイヤーは青い線で囲ったコートの枠に入るようにサーブしましょう。(シングルスと同じくサーブしたシャトルがネットにあたって入ったり、ライン上に落ちてもインになります。)

 

横はセンターラインから外側のサイドラインで、縦は手前のサービスラインから内側のロングサービスライン(ダブルス)までです。

 

ダブルスはサーブした側が得点した場合は、サーブした人がサイドを変わって次のラリーもサーブします。(コートの右からサーブした人が得点したら、次のサーブは左から同じ人がサーブします)

 

レシーバーの方が得点したときはサイドの入れ変わりはしないです。

 

よくわからない人は実際の試合動画を見てみると覚えやすいと思います。

 

サーブのコート(奇数)

バドミントンの試合の基本ルール【シングルスとダブルスのコートのラインを図で解説】

サーブー権を持ってる人の得点が奇数(1,3,5,7…)の場合は、コートの図の黒い線で囲った左側からサーブします。

 

偶数のときとコートが反対になっただけですね。

 

ダブルスのサーブレシーブの立ち位置とかは、こちらの記事を参考にしてみてください。

バドミントン ネコ
【バドミントンダブルス】サーブレシーブのコツ【構えから戦術的な狙いまで解説】

バドミントンのダブルスでサーブレシーブは攻撃の先手を取るために重要になります。   そこで今回は、ダブルスのショートサービスに対するサーブレシーブの構えから狙う戦術的なところまで書きました。 ...

続きを見る

 

ラリーのコート

バドミントンの試合の基本ルール【シングルスとダブルスのコートのラインを図で解説】

2打目以降は前のサービスラインは関係なくなるので、黒色の範囲の飛んできたシャトルを青色のコート範囲に返せばOKです。

 

縦はシングスと同じでネットの内側から後ろのバックバウンダリーラインまで、横は一番外側のダブルスサイドライン(ダブルス)までになります。

 

とりあえず、ダブルスのラリーは一番外側のラインと覚えればいいですね。

 

まとめ

今回は「バドミントンの試合の基本ルール【シングルスとダブルスのサーブ権とコートラインを図で解説】」というタイトルで書きました。

 

バドミントンのコートラインを覚えるのは難しくないので、図で見た後に実際にやればすぐ覚えられると思います。

 

バドミントンはシングルスとダブルスでコートの範囲が違うので、初心者の方はまずコートの範囲をしっかり覚えましょう。

バドミントンラケット
【2020年最新】初心者のバドミントンラケットの選び方とおすすめ10選

BADLOGのバドミントングッズ紹介です。バドミントン初心者の方だと「ラケットの種類がたくさんあって、どれを選んでいいかわからない」という感じだと思います。   バドミントンの経験者でもライ ...

バドミントン初心者におすすめガット10選【ガットのテンション・張り替え時期も解説】

今回のバドミントングッズ紹介は初心者におすすめのガットで、ラケットを購入するときにどれにするか決めなければいけないですね。   基本的に自分の好きなガットを選べばいいですが、初心者だと打球感 ...

おすすめバドミントンラケットの見出し
バドミントンラケット選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

バドミントンラケットはプレーに影響する重要なところで、メーカーや種類が多く迷ってしまいます。   やはりトップ選手が使用するラケットから選ぶ人も多いので、ホームページやカタログで調査して人気 ...

バドミントン ルール
【バドミントン】覚えておきたいフォルトのルールを解説【これをやっちゃうと相手のポイント】

BADLOGのバドミントン講座です。   バドミントンの試合をする上で、しっかり覚えておきたいのがルールですね。   バドミントンはルールを守らないとフォルト(反則)になり、相手に ...

 

この記事も読まれています

-バドミントンルール

Copyright© BADLOG , 2020 All Rights Reserved.