バドミントンの豆知識

バドミントンのガット張りのテンション決め方【いっきに上げると失敗します】

2019年1月9日

バドミントンのテンションの決め方

バドミントンのガットの張る強さ(テンション)は打球感に影響するとこで重要で、自分に合ったテンションにすることで打ち心地やスマッシュ・クリアの飛びもよくなります。

 

逆に上級者のマネをしていテンションをいっきに上げるとケガをするかもという危険性もありますね。

 

そこで今回は「ガット張りのテンション決め方」について書いているので、参考に読んで見てください。

バドミントンのガット張りのテンション決め方

ガットのテンション変えると何が変わる

ガット張り機 テンション

ガットのテンションは打ち心地だったり、シャトルの飛び方に影響してきたりします。

 

ガットを引っ張る力のテンションはみんな「ポンド」と言います。カタログでラケットの適正テンションだと「lbs」と表記されることが多いですね。

 

ガット張り機も「lbs」で表記されていて、写真の場合だと27ポンドといった感じです。

 

ガットのテンションを28ポンドで張る場合だと縦糸が27ポンドで、横糸が29ポンドという感じで平均値をとりますね。

 

ガットのテンションを変えると特徴が変化するので一覧表にしてみました。

テンション 高くする 低くする
球離れ 速くなる 遅くなる
スイートスポット 狭くなる 広くなる
ガットの硬さ 硬くなる 柔らかくなる
打球音 高音になる 低音になる
体への負担 大きくなる 小さくなる

 

ガットのテンションを高くするとガットが硬くなり、当然ですが打球感も硬くなります。

 

テンションが高いと反発力が増すので球離れが速くなり、攻撃力のある「速いスマッシュ」が打てるというわけです。

 

テンションを上げると打球音は高音になり、男子のトップ選手になると普通に30ポンド越えでスゴイ爽快感な音がしますよね。

 

やはりトップ選手の試合を見に行ったりしたときも、スマッシュ音がめっちゃ気持ちよかったですね。

 

打球音が気持ちよくなるので、テンションを上げたいと思う人もたくさんいると思いますが‥‥

 

ただテンションを高くするのはいいことばかりでなく、デメリットもあるので押さえておきましょう。

 

高テンションにするとガットが硬くなるので、シャトルを打ったときにガットがたわまなくなります。

 

シャトルが一番飛ぶところのスイートスポットが小さくなり、シャトルを捕える正確性やパワーがより必要になってくるわけです。

 

体にかかる負担も大きくなるので衝撃に耐えられる体づくりをしていないと、手首や肩を痛める原因になったりします。

 

高テンションだとガットの切れやすくなるので、ガット張りにかかるコストも増えますね。

 

僕の場合だとBG80を28ポンドで使用した場合はだいたい10日前後で切れますね。さらに冬は寒くなるとガット自体が切れやすいので、冬場だと1日で切れることも…。

 

そんなわけでテンションを上げることは、いいことばかりでもないってことですね。

 

一番はガットのテンションでシャトルの飛びが変わってくるので、それぞれのレベルに合わせたところを見つけていかないといけません。

 

初心者の適正テンション

バドミントンラケット

一般の人がガットを張るのテンションが20~24ポンドあたりが多いので、初心者の場合だとちょっと低めの17~19ポンドあたりがおすすめです。

 

初めたばかりの人はやシャトルを打つ力が弱かったり、正確に捉えたりすることができないからですね。

 

バドミントンのスマッシュ速度に対するガットのテンションの影響」という論文を読んでみると、スイングスピードが110km以下(初心者)だと、「23ポンドより18ポンドの方がスマッシュ速度が速い」という結果です。

 

初心者と言っても男女・体格もさまざまなので、力が足りないと感じる人は低めにしたらいいと思います。

 

少しテンションを落とすことでスイートスポットも広がり、ガットのたわみを利用してシャトルを飛ばすことができますね。

 

あまりテンションを低くし過ぎるのはシャトルを飛ばせなくなるので、おすすめはできません。

 

テンションを決めたらシャトルをしっかり捉えられる感覚が身につくまでは、あまりテンションを変えずにバドミントンの技術を磨いていきましょう。

 

ガットのテンションは放置するだけでも下がっていくので、ラケットを2本持っている場合は使わない方を1~2ポンド高く張っておくといいですね。

 

テンションが落ちると打球感が張りたてのときよりシャトルの弾きが悪くなるし、打球感の確かめにもなりますからね。

 

初心者の方だと練習してもガットが切れないことが多いので、ガットの表面が擦れてテンションは落ちてる場合があります。

 

ガットが切れていなくても1~3ヶ月したら張り替えることがおすすめです。試合前とかは特にガットのテンションの確認が必要ですね。

参考記事
バドミントン初心者におすすめガット10選【ガットのテンション・張り替え時期も解説】

今回のバドミントングッズ紹介は初心者におすすめのガットで、ラケットを購入するときにどれにするか決めなければいけないですね。   基本的に自分の好きなガットを選べばいいですが、初心者だと打球感 ...

 

ガットの種類でも打球感の硬さが違う

バドミントンガット

新商品のガットが出たり気になるガットがあると、打球感を試したくなりますね。

 

テンションだけでなくガットの種類によっても、シャトルを打ったときの打球感の硬さに違いが出ます。

 

打球感の打ち心地などはメーカーのスペックチャートを参考にするといいともいます。

ヨネックス ストリングチャート

ただBG80は28ポンドがちょうどいい打球感でしたが…スペックチャートではエアロバイトブーストほぼ同じところにあるのに、ビビるぐらい硬かったです。

 

自分の打球感に合った硬さにしなくても、ある程度は自分の好みのガットかは分かりますけどね。

 

だいたい僕が使ったことのあるガットの打球感と耐久性をまとめているので、興味がある人は読んで見てください。

【耐久性比較】バドミントンガットのレビュー記事まとめ

当サイトでは「バドミントンガットを張ってすぐ切れるとショック【原因と対処法】」という記事が地味に人気ですね。   ガットの耐久性はゲージの太さだけでなく使われる素材や構造でも違い、耐久性が低 ...

続きを見る

 

もし自分でテンションやガットの種類をか突き詰めたい人は、時間とお金がかかってしまうのでガット張りを覚えると時間とコストが楽になりますね。

参考記事
バドミントン ガット張り機
バドミントンガットの2本張りの解説【自分で張り方を覚えてガット代を節約】

今回はバドミントンのガット張り方について書いています。   自分でガットを張り替えれるようになってからは、テンションの品質とコスト的に満足するようになりました。   ガットを張り替 ...

 

トップ選手のガットテンション

世界のトップの選手のテンションが載っているYoutube動画を見つけました。男子のトップ選手になると30ポンドを超える選手が多いですね。

 

国内だとS/Jリーグに行くとオフィシャルプログラムが売ってあるので、出場選手のガットテンションが載っています。

 

桃田選手は31ポンド、園田選手は35ポンドといった超高テンションですね。年によっては微妙に変わってるかもしれません。

 

もちろん、男子のトップ選手のマネをしてガットのテンションを上げちゃうと失敗しちゃいますよ。

 

女子のトップ選手だと24~27ポンドあたりが多いですね。山口茜選手は24ポンドで、タカマツペアの高橋選手は24ポンド、松友選手は25ポンドといった感じです。

 

女子のトップ選手が24ポンドとかので、女子の経験者の方は20~24ポンドぐらいで探ってみるといいかもしれませんね。

 

テンションを一気に上げると失敗します

ガット張り機

初心者でも繰り返し練習していけばシャトルを捕える能力やパワーがついてきます。

 

レベルアップして中級者に昇格したら打球感が柔らかく感じたらちょうどいいテンションを探るといいですね。

 

僕が読んだ論文でもスイングスピードが上がってくると、テンションを上げた方がスマッシュが速くという結論になってます。

 

だからといって、いきなりテンションを3~4ポンド上げるのは、手首・肩・肘を痛める原因にもなるので要注意です。

 

僕の体験談ですが2016年の最初は3年ほどブランクがあったので21ポンドでした。周りの人は25ポンドぐらいで、高い人だと30ポンドで張っていましたね。

 

「俺もいけるやろ」と調子にのって、いきなり4ポンドいっきに上げたことがあります。

 

スマッシュを打ったときの手首への衝撃が半端なかったです。すぐガットを張りなおすハメになって後悔しました。

 

いっきにテンションを上げると失敗します。

 

やはり調子にのってテンションをいっきに上げてはいけませんね。

 

ガットのテンションを上げる場合はバドミントンが上達するにつれて上げた方がいいです。

 

今はブランクを少しは取り戻せたので、ガットのテンションは28ポンドで張っていますけど。

 

ガットのテンションの上げ方は経験的に言うと、2、3ヶ月くらい練習したら1ポンド上げるくらいの感じですかね。

 

ガットのテンションを試しに1ポンド上げてみて、打球感が硬く感じたらテンションを戻すという感じです。

 

もちろん25・26ポンドとある程度テンションを上げると、そこからは慎重にテンションを上げていった方がいいですね。

 

あとガットを張る機械は電動・手動機械・分銅の3種類あって、同じポンド数で張ってもテンションの出方が変わります。

 

お店で張ってもらう場合はほぼ電動ガット張り機で、中級者以上だと自分で手動機械張りで張る人もいたりします。

 

僕のガットのテンションも手動機械張りなので、電動張りの方が同じテンションでも打球感が硬めに出ると思います。

 

練習をして打球感が柔らかく感じたら、1ポンドずつテンションを上げて自分の感覚にあったところを見つけてください。

 

ガットのテンション測定アプリがあるのでデータを採ってみると、自分に合った適正テンションのヒントなるかもです。

参考記事
ラケットメーター
【RacketMater】バドミントンガットのテンション管理におすすめの測定アプリ

今回はバドミントンガットのテンション管理におすすめの測定アプリ「RacketMater」を紹介します。   バドミントンはガットのテンションでもシャトルの飛びが変わるので、自分に合ったテンシ ...

 

テンションの決め方のまとめ

今回は「バドミントンのガット張りのテンション決め方【いっきに上げると失敗します】」というタイトルで書きました。

 

バドミントンで気持ちよくプレーするためにも、ガットのテンションは自分の感覚にあった打球感を見つけることが重要です。

 

自分のパワー・スキルにマッチしたテンションにすれば、シャトルの飛びもよくなります。

 

ムリして高テンションで張るとケガの元になるので、徐々にテンションを探って行きましょう。

 

バドミントンは上達すればするほど楽しくなるので、上達するためにも自分にあったガットのテンションを見つけて下さい。

 

とりあえず今回覚えてほしいことは…

 

テンションをいっきに上げると失敗する

おすすめバドミントンガット
バドミントンガット選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

バドミントンガット選びはメーカー・種類が多く迷ってしまい、気持ちよくプレーするためにも打球感がいいものを使いたいですね。   世界のトップ選手はガットにもこだわってるはず!   と ...

バドミントンガット 200mロール
ガット張りのコストを下げるなら200mロールがおすすめ【ネット通販の人気ガットも紹介】

今回のバドミントングッズ紹介は200mロールガットで、ガット張りの1本当たりのコストを下がるのでおすすめですね。   トップ選手が使用するバドミントンガットも参考になると思いますが、2020 ...

【バドミントン】2019年に発売された8種類の新作ガット【ベストオブイヤーを勝手に選出】

今回は2019年に発売された新作ガットの紹介で、YONEXから2種類、Willsonから3種類、KIZUNAから2種類、MIZUNOから1種類の計8種類です。   新しいコンセプトや素材・構 ...

バドミントンガットが切れてショック
バドミントンガットを張ってすぐ切れるとショック【原因と対処法】

せっかく張りたてのガットが、すぐ切れてしまと「めっちゃショック」です。   またスポーツ店に足を運ぶ時間やお金を費やしてしまうので、面倒になってしまいますね。   そこで今回は、張 ...

おすすめバドミントンラケットの見出し
バドミントンラケット選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

バドミントンラケットはプレーに影響する重要なところで、メーカーや種類が多く迷ってしまいます。   やはりトップ選手が使用するラケットから選ぶ人も多いので、ホームページやカタログで調査して人気 ...

おすすめバドミントンシューズの見出し
バドミントンシューズ選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

バドミントンはたくさん動くスポーツなので、バドミントンシューズは動きやすいものを選びたいですよね。   バドミントンシューズの種類・メーカーが増えて選ぶのに迷うことがあります。   ...

この記事も読まれています

-バドミントンの豆知識
-,

© 2020 BADLOG