バドミントンの知識 バドミントンガット

バドミントンのガット張りのテンション決め方【いっきに上げると失敗します】

2019年1月9日

バドミントンのガット張りのテンション決め方【いっきに上げると失敗します】

BADLOGのバドミントン講座です。

 

ガットのテンションはバドミントンのプレーに大きく影響するので、自分の打球感にあったところを見つけることが重要です。

 

自分に打球感に合ったガットのテンションにすることで、スマッシュやクリアの飛びもよくなりますね。

 

上級者のマネをして、いっきにテンションを上げるとケガを可能性もあるので危険です。

 

そこで今回は、ガットを張るときのテンションの決め方について書きました。

 

ガット張りのテンションの参考にしてみてください。

バドミントンのガット張りのテンション決め方

バドミントンのガット張りのテンション決め方【いっきに上げると失敗します】

テンションでいろいろ変化する

テンションの上下でガットの特徴がいろいろ変化するので一覧表にしてみました。

テンション高くする低くする
球離れ速くなる遅くなる
スイートスポット狭くなる広くなる
ガットの硬さ硬くなる柔らかくなる
打球音高音になる低音になる
体への負担大きくなる小さくなる

 

ガットのテンションを高くすると当然ですが、ガットが硬くなり打球感も硬くなります。

 

そうすると反発力が増すので球離れが速くなり、攻撃力のある「速いスマッシュ」が打てるというわけです。

 

男子のトップ選手になると普通に30ポンド越えで、桃田選手のスマッシュの音とかめっちゃ気持ちいいですよね。

 

高テンションだとスマッシュがスゴイ爽快感な音がするので、テンションを上げて打ちたいと思う人もたくさんいると思いますが‥‥

 

ただテンションを高くするのはいいことばかりでなく、デメリットもあるので押さえておきましょう。

 

高テンションにするとガットが硬くなるので、シャトルを打ったときにガットがたわまなくなり、スイートスポット(シャトルが一番飛ぶところ)が小さくなります。

 

そのぶんシャトルを捕える正確性やパワーがより必要になってくるわけです。

 

体にかかる負担も大きくなるので、衝撃に耐えられる体づくりをしていないと、手首や肩を痛める原因になったりします。

 

高テンションだとガットの切れる頻度も多くなるため、かかるガット張り代のコストも多くなります。

 

僕の場合だとBG80を28ポンドで使用した場合はだいたい10日前後で切れますね。

 

さらに寒くなるとガット自体が切れやすいので、冬場だと1週間はもたないです。

 

一番はガットのテンションでシャトルの飛びが変わってくるので、それぞれのレベルに合わせたところを見つけていかないといけません。

 

初心者の場合のテンション

一般的にガットを張るのテンションは、20~24ポンドあたりが多いと思います。

 

初めたばかりの人はシャトルを正確にとらえる力や打つパワーが弱いので、ちょっと低めの17~19ポンドの間がオススメです。

バドミントン初心者におすすめガット5選【ガットのテンション・張り替え時期も解説】

 

少しテンションを落とすことでスイートスポットも広がり、ガットのたわみを利用してシャトルを飛ばすことができますね。

 

バドミントンのスマッシュ速度に対するガットのテンションの影響」という論文を読んでみると、スイングスピードが110km以下(初心者)だと23ポンドより18ポンドの方が、スマッシュ速度が速いと結果になっています。

 

あまり低すぎるのも反発力が低くなりすぎて、シャトルを飛ばせなくなるのでオススメはできません。

 

初心者の方だとガットが長持ちして切れないことが多いく、1~3ヶ月したら張り替えることがおすすめですね。

 

ガットのテンションは放置しておくだけでも下がっていくので、1ケ月くらい打ってガットの表面が擦れているようなら、テンションがだいぶ落ちてきています。

 

打った感じで張りたてのときよりシャトルの弾きが悪いなと思ったら、ガットが切れていなくても張り替えるのがおすすめです。

 

シャトルをしっかり捉えられる感覚が身につくまでは、あまりテンションを変えずに技術を磨いていきましょう。

 

中級者以上のテンション

繰り返し練習していけばシャトルを捕える能力やパワーがついてくるので、打球感が柔らかく感じたらちょうどいいテンションを探りましょう。

 

僕が読んだ論文でもスイングスピードが上がってくると、テンションを上げた方がスマッシュが速くという結論になっています。

 

だからといって、いきなりテンションを3~4ポンド上げるのは、手首・肩・肘を痛める原因にもなるので要注意です。

 

2016年の最初は21ポンドでしたが、周りの人が25ポンドぐらいで高い人だと30ポンドで張っていたので、僕も調子に乗っていきなり4ポンドいっきに上げたことがあります。

 

スマッシュを打ったときの手首への衝撃が半端なかったので、すぐガットを張りなおすハメになって後悔しました。

 

いっきにテンションを上げると失敗します。

 

テンションを上げてシャトルを打ったときに、打球感が硬く感じたら元のテンションに戻しましょう。

 

テンションの上げ方は僕の場合だと、2016年の最初は3年ほどブランクがあったので21ポンドでした。

 

2、3ヶ月くらい練習したら1ポンド上げていき、2016年12月でガットのテンションは25ポンドに上げています。

 

そして2017年12月には27ポンド、2018年は28ポンドといった感じです。

 

もともとバドミントンの経験があったのでシャトルを捉える感覚を取り戻したので、初心者からの場合だともう少し時間がかかると思います。

 

僕のガットのテンションは機械張りなので、電動張りの方が同じテンションでも多少硬めになると思います。(スポーツ店のほとんどが電動張り)

 

練習をして打球感が柔らかく感じたら、1ポンドずつテンションを上げて自分の感覚にあったところを見つけてください。

ガットの種類を変更した場合もテンションを探る

バドミントンのガット張りのテンション決め方【いっきに上げると失敗します】

シャトルを打ったときの打球感はガットのテンションだけでなく、種類によっても感じ方が違います。

 

BG80とBG65強Tiは28ポンドがちょうどいい打球感でしたが…BG80に近いスペックチャートのAERBITE BOOSTを同じテンションで張ったときは、かなり打球感が硬く感じました。

 

エアロバイトブースト(ABBT)を次張るなら24・25ポンドで張ってみると思います。

 

「RacketMater」でVOLTRIC Z-FOUCEⅡに28ポンドで張って、いろいろなガットのテンションを測定してみました。

ガットポンド(lbs)周波数(Hz)記事のリンク
BG8027.471234レビューを読む
BG80P27.691250レビューを読む
BG66UM26.581322レビューを読む
ABBT26.091197レビューを読む
SKYARC26.551171レビューを読む
NANOGY9527.731223レビューを読む
PX6827.781281レビューを読む
CX6625.951218レビューを読む
SX6326.51270レビューを読む
M-S.65H26.581286レビューを読む
Z6526.51276レビューを読む
Z6425.781244レビューを読む
Z6326.291260レビューを読む
Z6128.951286レビューを読む
参考記事
ラケットメーター
バドミントンガットのテンション測定アプリ「RacketMater」がおすすめ【測定データも公開】

BADLOGのバドミントン講座です。   今回はめっちゃ便利な、バドミントンガットのテンション測定スマホアプリ「RacketMater」を紹介します。   バドミントンはガットのテ ...

 

一概にテンションが高く出たからといって打球感が硬いというわけでもなく、素材・構造の影響の方が大きいように感じます。

 

「KZUNA Z61」だと測定のテンションが高く出たのに、思ったより打球感が柔らかく感じたりしました。

 

ガットの素材・構造によってもテンションの出方に違いがでるし、打球感もぜんぜん異なりますね。

るーしえ
芯糸が高強度ナイロンのガットは打球感が硬めのガットが多い気がします。

 

測定した周波数が高いほど高音になるので、気持ちいい打球音になりますね。

 

まずガットは使ってみないと自分にあったテンションの調整するのは難しいです。

 

自分に合ったテンションやガットの種類をか突き詰めようと思うと時間とお金がかかってしまうので、自分でガット張りを覚えると時間と楽になりますね。

参考記事
バドミントンガットの2本張りの張り方・手順【ガットが切れる人は自分で張り替えるとお得】

BADLOGのガット張り講座です。   自分でガット張れるようになってからは、ガット張りの品質もコスト的にも満足ですね。   ガット張りを覚えるとコストを抑えることができるので、気 ...

 

トップ選手のガットテンションはどれくらい?

世界のトップの選手のテンションが載っているYoutube動画を見つけました。

 

男子のトップ選手になると30ポンドを超える選手が多いですね。

 

国内だとS/Jリーグに行くとオフィシャルプログラムが売ってあるので、出場選手のガットテンションが載っています。

 

桃田選手は31ポンド、園田選手は35ポンドといった超高テンションになります。

 

男子のトップ選手のマネをしてガット張りをすると失敗しちゃいそうですね。

 

女子のトップ選手だと24~27ポンドあたりが多いですね。山口茜選手は24ポンドで、タカマツペアの高橋選手は24ポンド、松友選手は25ポンドといった感じです。

 

女子のトップ選手が24ポンドなので、女性の経験者の方は20~24ポンドぐらいで探ってみるといいかもしれませんね。

 

テンションの決め方のまとめ

今回は「バドミントンのガット張りのテンション決め方【いっきに上げると失敗します】」というタイトルで書きました。

 

バドミントンで気持ちよくプレーするためにも、ガットのテンションは自分の感覚にあった打球感を見つけることが重要です。

 

ムリして高テンションで張るとケガの元になるので、徐々にテンションを探って行きましょう。自分のパワー・スキルにマッチしたテンションにすれば、シャトルの飛びもよくなります。

 

バドミントンは上達すればするほど楽しくなるので、上達するためにも自分にあったガットのテンションを見つけて下さい。

 

とりあえず今回覚えてほしいことは…

 

テンションをいっきに上げると失敗する

おすすめバドミントンガット
バドミントンガット選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

BADLOGのバドミントングッズ紹介です。   気持ちよくバドミントンをするためにも、打球感がいいガットを使いたいですね。ガット選びもメーカー・種類が多く迷ってしまいます。   世 ...

続きを見る

おすすめバドミントンラケットの見出し
バドミントンラケット選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

BADLOGのバドミントングッズ紹介です。   バドミントンは打ちやすいラケットを使いたいですね。ラケット選びはメーカー・種類が多く迷ってしまいます。   やはり世界のトップ選手が ...

続きを見る

おすすめバドミントンシューズの見出し
バドミントンシューズ選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

BADLOGのバドミントングッズ紹介です。バドミントンシューズの種類・メーカーが増えて選ぶのに迷うことがあります。   バドミントンはたくさん動くスポーツなので、バドミントンシューズは動きや ...

続きを見る

【バドミントン】格安のグリップテープとタオルロールを紹介【1本あたりのコストを抑えたい人におすすめ】

BADLOGのバドミントングッズ紹介です。バドミントンのグリップテープはラケットの操作性に関わる重要なところですね。   グリップテープは頻繁に巻き替えると、地味にお金がかかってきます。ネッ ...

続きを見る

この記事も読まれています

-バドミントンの知識, バドミントンガット
-,

Copyright© BADLOG , 2020 All Rights Reserved.