バドミントンルール

【バドミントンのルール】ネット前の攻防で起こるオブストラクション【試合動画とか見ても判断がムズイ…】

2020年2月1日

オブストラクションの解説

BADLOGのバドミントン講座です。

 

バドミントンの試合でネット前の攻防でよく起こるのが、ネット前でブロックする行為で通称オブストラクションと呼ばれてます。

 

バドミントンのルールでブロックする行為は反則なのでフォルトですね。

 

ネット前で一か八かでラケットを出す行為は、バドマガを読んで見ても多いみたいですね。

バドマガのオブストラクション解説
バドミントンマガジン 2019年 08 月号 [雑誌]

 

しかし、オブストラクションの判断はトップ選手の動画とか見ても難しいですね。

 

「【バドミントンのルール】ネット前の攻防で起こるオブストラクション【試合動画とか見ても判断がムズイ…】」で見ていきたいと思います。

【バドミントンのルール】ネット前の攻防で起こるオブストラクション

オブストラクションに関するルールは競技規則13条 フォルトの第4項の(4)に書かれています。

 

サーブの高さが115cmに変更」になる前ですが、競技規則についてはこちらからダウンロードできますので、欲しい方はアクセスしてみてください。

>>>バドミントン競技規則のダウンロード

 

競技規則13条 フォルト 第4項

インプレーで、プレーヤーが
⑷ 相手を妨害したとき、すなわち、ネットを越えたシャトルを追う相手の正当なストロークを妨げたとき

ネット前にラケットを出して、相手のストロークを邪魔する行為はフォルトになります。

 

主審が相手のストロークを妨害したと判断したときは、フォルトをコールされます。

 

トップ選手の試合動画を見ていても「これでもオブストラクション取られないんだ」と思うことが結構ありますね。

 

ワールドシリーズファイナルズの決勝戦のライブ配信を見て、ファイナルゲームの立ち上がりで時に起こりました。

ワールドツワーファイナルズ2019のYouTube動画まとめ

 

こときはフォルトを取られず、ギンティン選手のポイントになりました。

るーしえ
これがオブストラクションじゃなきゃ、どれでフォルトをとるん(´・ω・)?

 

さすがの桃田選手も苦笑いだったような気がします。

 

テレビ放送もあったので「この場面はさすがに解説してるだろ」と思って見てみました。

 

このときの解説者の池田信太郎さんも「経験者からすると、あれは間違いなくブロックですね」と言っていましたね。

 

他にも福州オープン2019の桃田VSアクセルセンの3ゲーム目の10-6の場面です。

 

ネット際で桃田選手がプッシュを打つときにアクセルセン選手がほぼ同時にラケットを出して、桃田選手の球がアウトになり得点がアクセルセン選手に入りました…

るーしえ
これもオブストラクションを取られないですね…(´・ω・`)

 

ワールドツワーの動画を見てると、こういった場面がちょくちょく見られますが、1度もフォルトを取られてません

 

ラケットを前に出してるときは、打ちに行ってるという判断かなと思います。

 

ただ京都インターハイではこのときと似た状況で、ラケットにあたってシャトルを返球しましたが、フォルトをコールされていました。

 

主審によってはフォルトをコールされる可能性がある状況かなと思います。

 

至近距離でシャトルが当たると危険ですし、なるべくこういう行為をしないほうがいいかなと思います。

 

オブストラクションの解説はバドマガ2019年8月号の76ページに書いてあるので、読んでおくといいですね。

 

まとめ

今回は「【バドミントンのルール】ネット前の攻防で起こるオブストラクション【試合動画とか見ても判断がムズイ…】」というタイトルで書きました。

 

トップ選手の動画をずっと見てると、オブストラクションの判断がかなりムズイですね。

 

小・中学生の大会でもネット前にラケットを出す行為は、何回も見かけたことあります。

 

全国大会とかだとライセンスを持った主審が判断してくれますが、ローカルな大会だと敗者審判なのでほぼフォルトをとることがムリだと思います。

 

これを読んでくれた人はネット前でラケットを立てる行為をしないように、心がけてくれるとうれしいです。

バドミントン ルール
【バドミントン】覚えておきたいフォルトのルールを解説【これをやっちゃうと相手のポイント】

BADLOGのバドミントン講座です。   バドミントンの試合をする上で、しっかり覚えておきたいのがルールですね。   バドミントンはルールを守らないとフォルト(反則)になり、相手に ...

続きを見る

【バドミントン】サーブのルールをわかりやすく教えます【経験者もしっかりと覚えておきましょ】

BADLOGのバドミントン講座です。   フォルト(反則)をとられるのはほとんどがサーブ周りなので、まずサーブに関係するルールを覚えておくといいでしょう。   そこで今回は、競技規 ...

続きを見る

【バドミントン】覚えておきたいシャトルのルール【おたがいに出し合う大会もあるので】

BADLOGのバドミントン講座です。試合に出る大会によっては、おたがいにシャトルを出し合う大会とかあったりしますね。   バドミントンを始めたばかりの人だったり、やったことないのにバドミント ...

続きを見る

この記事も読まれています

-バドミントンルール
-,

Copyright© BADLOG , 2020 All Rights Reserved.