バドミントン技術戦術

【バドミントンダブルス】サーブレシーブのコツ【構えから戦術的な狙いまで解説】

2018年12月14日

【バドミントンダブルス】サーブレシーブのコツ【構えから戦術的な狙いまで解説】

バドミントンのダブルスで攻撃の先手を取るために重要になるのがサーブレシーブです。

 

サーブレシーブの技術・戦術を身に付けることで、次の展開で優位に立ちやすくなります。

 

そこで今回は、ダブルスのショートサービスに対するサーブレシーブの構えから狙う戦術的なところまで書いています。

 

サービスレシーブの参考にしてみてください。

 

ひろぽん
みんな、ダブルスのサーブレシーブを簡単にあげないよね。
そうだね。ダブルスはサーブレシーブで有利なラリーをしなくちゃいけないから簡単に上げたらダメだよねー。
るーしえ
ひろぽん
サーブレシーブをするときのコツなんかある?
コツって言われてもねー。。。まー、ダブルスのサーブレシーブのコツを解説していくよー。
るーしえ

ダブルスのサーブレシーブのコツ【構え】

サーブレシーブの構え方

サーブレシーブの構え方は前後の動きがメインになるので、コートに対して縦に構えます。イメージはこんな感じです。

 

右利きなら左足が前で肩幅より足を開いて、少し前傾姿勢で前の足に軽く体重をかけます(感覚的には7:3ぐらいですかね)。

 

ショートサーブに対してラケットを最短で出せるよう、顔の高さぐらいに持っていきます

 

体のバランスをとるためにも、左手も軽く上げた方がいいですね。

 

レシーバーのパートナーも、だいたい同じように構えます。

 

右利きの場合、ラケットの持ち方は基本的にコート右側ならバックハンド、コート左側ならフォアハンドですね。

 

コート左側はバックで打つ場合があったりしますが、応用的になるので別の機会に書きます。

 

サーブレシーブのポジション

【バドミントンダブルス】サーブレシーブのコツ【構えから戦術的な狙いまで解説】
引用:YouTube.com

サーブレシーブのポジションはロングサーブが飛んでくる範囲、センターラインと外側のちょうど中間より少しバックよりに構えます。

 

男子のトップ選手だとサービスラインぎりぎりに構えますが、これは競技する人のレベルなどで変わってきますね。

 

男子の上級者ならロングサーブを打っても飛びついてスマッシュを撃ち込めれるため、サービスラインぎりぎりで構えているわけです。

 

世界のトップ選手だとほとんどショートサーブがベースになりますからね。

 

ジュニア・女性・初心者の人はロングサーブにも対応できるように、サービスラインから30cm~ラケット1本程度下がったところに構えましょう。

 

パートナーのポジションはレシーバーのすぐ後ろのセンターよりに構えます。

 

ロングサーブを打たれたら、すぐに前衛のポジションに入れるようにしておきましょう。

 

サーブレシーブのコツ【打ち方】

【バドミントンダブルス】サーブレシーブのコツ【構えから戦術的な狙いまで解説】
引用:YouTube.com

サーブレシーブの踏み込みは右利きの場合、サービスラインのところで構えてる人は、左足で踏み込んだ方がシャトルに早くタッチできます。

 

女性やジュニアのようにサービスラインより少しさがって構えている人は、左足を軸にして右足で踏み込まないと高い打点で打てないです。

 

女子ダブルスの選手の踏み込み方を参考にしてみるといいと思います。

 

【バドミントンダブルス】サーブレシーブのコツ【構えから戦術的な狙いまで解説】
引用:YouTube.com

サーブレシーブはできるだけ早く踏み込んで、打点を高くとることを意識しましょう。

 

サーブレシーブはラケットを立てて、ラケットをコンパクトにしてシャトルを押し出すようにします。

 

ラケットを腕で振って強く打ち出すのではなく、指先でラケットを操作してシャトルを押し込む感じです。

 

 

 

 

 

サーブが浮いて「チャンスが来た」と思っても、強い球を打とうとラケットを思いっきり振ってしてはいけません。

 

ミスの原因になるので、落とす意識・コンパクトに打つ意識をしっかり持ちましょう。

 

 

 

打点が高いほど打ちやすいので踏み込みを早く、ラケットを最短で出して「打点を高くすること」を心がけてください。

 

サーブレシーブの打点の高さはラケットを持ってない方の足の大腿二頭筋・腓腹筋の床をけりだす力に相関関係がある」という研究データもあるので、トレーニングで意識的に鍛えておくといいですね。

バドミントン競技におけるサービスレシーブ時の下肢筋活動

 

サーブレシーブのコツ【戦術的な狙い】

【バドミントンダブルス】サーブレシーブのコツ【構えから戦術的な狙いまで解説】
引用:YouTube.com

サーブレシーブで狙うところはネット前3ヶ所・ハーフ2ヶ所・後ろ3ヶ所の8ヶ所あります。

 

まぁ、あえて前衛をボディーを狙うのを入れて、9か所という方もいるかもしれませんが…とりあえず8ヶ所で!

 

基本的なサーブレシーブの戦術としては、前衛と後衛の中間・ハーフと呼ばれるところを狙っていきましょう。

 

ハーフ球を使うことで相手にロブで上げさせて、トップ&バックの攻撃の形を作っていくためです。

 

よく使われるのがサーバー側の後衛にぶつける感じで打つ、センターのボディーを狙ったサービスレシーブです。

 

センターボディーにプッシュするとレシーブの処理が難しく、相手がドライブを打ってきても後衛のパートナーの割と近くをシャトルが通るので、処理しやすくなるためです。

 

次の攻撃的なドライブの展開を作りやすくするために使ったりします。

 

意外と有効なのがセンターのネットです。

ひろぽん
前衛が目の前にいるからあぶねーじゃん
と思うでしょー。それが案外、大丈夫なんだなー。
るーしえ

 

ここら辺りの考え方などは、下のYoutube動画でも解説されているので参考にしてください。

 

 

 

それでは、実際の試合で見てみます。バドミントン世界選手権決勝「ソノカム」vs「LI/LIU(中国)」でショートサーブに対するサーブレシーブだけに焦点を絞って見てみましょう。

 

 

 

ソノカムのサーブレシーブの戦術

【バドミントンダブルス】サーブレシーブのコツ【構えから戦術的な狙いまで解説】
引用:YouTube.com

「ソノカム」のショートサービスに対するサーブレシーブの戦術は、後衛ボディーのバックで処理させるところが多いですね。

 

センターボディーの1点集中型と言ったところですかね。

 

相手がセンターのボディーからサイドを狙ったドライブを打っても、パートナーの近くを通るので処理がしやすく「ソノカム」の得意なドライブ戦に持ち込めれるからと推察されます。

 

ロングであげている場面もあり、攻めの形を作るのにも有効な狙いどころです。ドライブ戦が得意な「ソノカム」ならではの戦術ですね。

 

もちろん、所々で他のショットも織り交ぜてはいますよ。

 

後衛のボディーバックを狙うのはとても効果的な戦術なので、自分たちのダブルスの戦術に取り入れてみるといいでしょう。

 

LI/LIUのサーブレシーブの戦術


引用:YouTube.com

中国ペアのショートサービスに対するサーブレシーブの戦術は、「ソノカム」とは対照的でいろいろなショットを打ち分けていますね。

 

「ソノカム」同様、後衛ボディーのバックで処理するところを狙っている場面も見られます。

 

特にハーフを狙ったショットが「ソノカム」にロブを上げさせて、攻撃の展開を作っている場面も見られのでハーフを狙うのも有効ですね。

 

あとセンターのネットを使っている場面もあるので、抽出してみましょう。

 

1ゲーム目は(ソノカム)3-5(LI/LIU)、9-10、11-15、12-15、2ゲーム目は3-2の場面の合計5回使用しています。

 

センターのネットでは5回中3回上げさせることに成功しています。

 

残りの2回はハーフをLI/LIUペアのハーフを嘉村選手が打っています。

 

さらにハーフに打った球ついて注目してみましょう。

 

後衛が一歩で届く範囲で、高い打点で取れているのがわかると思います。

 

【バドミントンダブルス】サーブレシーブのコツ【構えから戦術的な狙いまで解説】
引用:YouTube.com

嘉村選手がフォアハンドでさばいて中国ペアのフォアハンドに打っています。

 

11(ソノカム)-15(LI/LIU)の場面をみても同じように、嘉村選手がフォアハンドで打って中国ペアのフォアハンドに球が出ています。

 

センターネットの球をフォアハンドで打とうとすると、腕が体の正面に腕がまっすぐ出ると外向きに打つ「回内動作」が難しなります。(腕が体の外側なら回内させやすいですけど。)

 

なので相手がセンターネットの球をフォアハンドで打つハーフ球は、かなり高い確率で自分たちのフォアハンド側に打つので、読みやすくなるということです。

 

センターのネットは戦術的に有効なので、取り入れてみるといいでしょう。

 

ただし目の前に相手がいるわけで、ネットが浮いてしまったり予測されては戦術も何も関係ありません。

 

バレバレの打ち方もダメです。

 

【バドミントンダブルス】サーブレシーブのコツ【構えから戦術的な狙いまで解説】
引用:YouTube.com

強い球を打てる状態を作るために、足を出してしっかり入るのがポイントになります。

 

相手に強い球が来ると思わせることで、意識的に前をあけることができるので、センターのネットが有効になるのです。

 

練習方法

練習方法としては誰かにサーブを出してもらうのもいいですが、まずは手投げで練習効率を高めていくといいと思います。

 

手投げで出す場合はしっかりサーブをイメージした軌道になるように出しましょう。

 

サーブレシーブの動画でもありましたが、狙いどころに打てるように「的」を置いておくといいです。

 

一球・一球を真剣に打つことが上達のコツです。

 

しっかり自分のサーブレシーブ狙い・次の展開を考えながら練習しましょう。

 

まとめ

今回は「【バドミントンダブルス】サーブレシーブのコツ【構えから戦術的な狙いまで解説】」というタイトルで書きました。

 

ダブルスでサーブレシーブは自分たちの攻めの形を作るのに非常に重要になってきます。

 

狙いどころにコントロールできるように、繰り返し練習して精度を高めてください。

 

ダブルスのパートナーともどういった戦術をとるのか話し合っとくといいですね。

 

試合などでは相手の特徴・状況などで狙いどころが変わってくるので、しっかり自分たちで対応できるように日頃から考えて練習しましょう。

【バドミントン】ショートサーブを浮かさない3つのコツ【シャトルの持ち方・サーブの打点・押し出す】

サーブはバドミントンの試合で一番最初に打つ重要なショットですね。   ショートサーブが浮いてしまうと相手に厳しいショットを打たれるし、一発で決められることもあります。   ダブルス ...

続きを見る

【バドミントン】サーブのルールを初心者にもわかりやすく教えます【経験者も反則とられないために覚えておきましょ】

バドミントン初心者のうちはルールを厳しく言う人はあまりいませんが、上達してくると指摘されることもあります。   指摘されると嫌な気分になると思いますので、初心者のうちからルールの知識を身に付 ...

続きを見る

バドミントンラケット選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

バドミントンラケットのメーカーやラケットの種類が増えてきて、新しく購入するときに「どのラケットを選んだらいいのか」迷ってしまいます。   気持ちよくバドミントンをするためにも、自分のスイング ...

続きを見る

【バドミントン】ショートサーブを浮かさない3つのコツ【シャトルの持ち方・サーブの打点・押し出す】

サーブはバドミントンの試合で一番最初に打つ重要なショットですね。   ショートサーブが浮いてしまうと相手に厳しいショットを打たれるし、一発で決められることもあります。   ダブルスだと厳しいサーブレシーブが来ると、パートナーもレシーブに困ってしまいますね。   そこで今回は、バックハンドで打つショートサーブの浮かせない打ち方のコツについて書きました。   バドミントンの上達の参考にしてみてください。 Contents1 ショートサーブを浮かさない3つのコツ【シャトル ...

続きを読む

【バドミントン】ドロップの打ち方のコツ【スマッシュと見せかけて落とすのがポイント】

ドロップはバドミントンの試合を組み立てる重要なショットになるので、今回はドロップの打ち方のコツについて書いていきます。   ドロップもいろいろな打ち方がありますが、相手に「スマッシュが来る!」と思わせるとかなり効果が高いです。   どういったドロップの打ち方がスマッシュに見えるのか、イメージしやすいように画像を使って解説してます。   バドミントン上達の参考にしてみてください。 Contents1 【バドミントン】ドロップの打ち方のコツ【スマッシュと見せかけて落とすのがポイン ...

続きを読む

【バドミントン】フォア奥はサイドオンスタイルでスマッシュを叩き込む【足を入れ替えずに打つ】

バドミントンをしていて気持ちいいのはスマッシュを「バシッ」と打てたときですよね。   スマッシュにもいろいろ打ち方があって、今回はフォア奥からサイドオンスタイルで打つスマッシュを解説しています。   バドミントンは速い展開が多いのでフォア側は、サイドオンスタイルで飛びついて足を入れ替えずにスマッシュを打つことが多いです。   今回のサイドオンスタイルの動画は割と余裕がある場面ですが、結構低い展開で使うことが多いですね。     フォーム作りはイメージトレー ...

続きを読む

【バドミントン】フェイントで逆を突くドライブの打ち方【ラケットスイングと逆に飛ばす】

バドミントンしたときにフェイントをかけて逆を突いて決まったときは気持ちいいですよね。   今回は「ラケットを振った方向と逆にシャトルを飛ばす」ことで、フェイントをかけるドライブの打ち方を紹介します。   この技術を覚えると戦術の幅も広がるので、参考にしてみてください。 Contents1 【バドミントン】フェイントをかけるドライブの打ち方【ラケットスイングと逆にシャトルを飛ばす】1.1 打点を遅らせたドライブの打ち方1.2 打点を前にとったドライブの打ち方2 まとめ 【バドミントン】フ ...

続きを読む

【バドミントン】BADLOGのスマッシュの打ち方のコツまとめ【トップ選手のフォームを見て学ぶ動画集】

バドミントンの魅力はと言えばやはりスマッシュ!速いスマッシュを打てたときは、めっちゃ快感です。   バドミントンを始めて22年。「もっとスマッシュを速くしたい!」と思っていろいろトップ選手のフォームとかを調べてきました。   BADOLOGのスマッシュに関する記事も増えてきたので、このページにスマッシュのコツの動画をこのページまとめています。   画像を使った詳細な説明はリンクがあるので、そちらを参考に読んでみてください。 Contents1 【バドミントン】スマッシュの打ち ...

続きを読む

【バドミントン】速い展開で使うディンクスマッシュの打ち方【回内動作からラケット引き戻す】

バドミントンをしてて気持ちいいのはやはり「スマッシュ」ですよね。   スマッシュの打ち方でもいろいろな打ち方があって、聞きなれない言葉ですが「ディンクショット」と呼ばれる打ち方があります。(意味は知らんけど…)   打ち方は肘から先でシャトルを弾きだす感じで、回内動作からラケットを引き戻してフォロースルーをとらない打ち方です。(YouTube見てください。)     ディンクスマッシュは回内動作がちゃんとできないと使えないショットなので、回内動作がわからない人はこち ...

続きを読む

【バドミントンダブルス】スマッシュをドライブレシーブするコツ【ラケット面をかぶせるのがポイント】

バドミントンのダブルスは攻撃してる方が有利なのでなるべく上げたくないですが、どうしても上げないといけない場面は出てきます。   そんなときにスマッシュを撃ち込まれても、守りから攻めるのが「ドライブレシーブ」です。   ドライブレシーブをしっかり覚えることで、ダブルスの守備力も高まり安定感が出て、攻撃的な展開も作りやすくなります。   そこで今回は、スマッシュをドライブレシーブするコツを書いています。   ダブルスのレシーブ強化の参考にしてみてください。 Conten ...

続きを読む

バドミントンラケットのバックハンドの持ち方【飛ばないときは握り方から見直してみよう】

バドミントンをより楽しむためにも、どんどん練習して上達していきたいですよね。   ラケットの握り方でショットを打ち分けたり、力をコントロールしたりするので、上達を早くするためにもラケットの持ち方をマスターするのが重要です。   特に「バックハンド」は正しい持ち方ができないと、強いドライブを打ったり、レシーブやハイバックが飛ばないですね。   そこで今回は、バックハンドでしっかり飛ばすためのラケットの持ち方について書きました。   バックハンドは握り方をしっかりマスタ ...

続きを読む

バドミントンラケットのフォアハンドの持ち方【トップ選手がスマッシュ打つときの握り方は?】

バドミントンをより楽しむためにも、どんどん練習して上達していきたいですよね。   ラケットの握り方でショットを打ち分けたり、力をコントロールしたりするので、上達を早くするためにもラケットの持ち方をマスターするのが重要です。   ラケットの握り方はフォアハンドとバックハンドがありますが、今回はフォアハンドのラケットの持ち方を書きました。   トップ選手がスマッシュを打つときのラケットの握り方が見える画像も集めましたので、ラケットの持ち方の参考にしてみてください。 Content ...

続きを読む

バドミントンの速いスマッシュを打つ手首の使い方と練習法【打点は「くの字」をイメージ】

バドミントンの魅力はと言えばやはり「スマッシュ」ですよね。速いスマッシュを打てたときは、めっちゃ快感です。   バドミントンで速いスマッシュを打つためには「回内動作」と呼ばれる手首の動きを使います。   そのときにスマッシュの打点はラケットと腕で「くの字」をイメージするといいですね。   バドミントンの動作は速いので参考にしようとしてしても「見えねー」って感じですね。   そこで今回は、速いスマッシュの打つために「手首の使い方」について画像を交えて解説します。 &n ...

続きを読む

この記事も読まれています

-バドミントン技術戦術
-,

Copyright© BADLOG , 2019 All Rights Reserved.