バドミントンラケット

バドミントンのグリップテープの巻き方【太さを調整してスイングしやすくする】

投稿日:2019年4月18日 更新日:

バドミントンのグリップテープの巻き方【太さを調整してスイングしやすくする】

バドミントンのグリップは、ラケットの操作性に関わる重要なところです。

 

やはりグリップが手にフィットして、ラケットが握りやすくしたほうがいいショットが打てます。

 

手にグリップをフィットさせるコツは、グリップテープを巻くときに太さを調節することです。

 

そこで今回は、グリップの太さを簡単に調整するグリップテープの巻き方を書いています。

 

グリップテープの巻き方の参考にしてみてください。

 

ひろぽん
なんかラケットのグリップが太くてスイングしにくいんだけど…。
それ僕も経験あるわー。元グリップをはがして、アンダーラップで太さを調整するといいよー。
るーしえ
ひろぽん
そんな方法があるんだ。教えてよ。
それじゃー、グリップテープを巻くときの太さを調整する方法を解説するよー。
るーしえ

バドミントンのグリップテープの巻き方【太さを調整してスイングしやすくする】

今回、使用した用品です。

ラケット「VOLTRIC Z-FORCEⅡ 3UG5

グリップ「GOSEN SUPER TACK GRIP

アンダーラップ 「薬局で適当に購入」

 

ラケットを握るグリップの太さの調整は、下地のアンダーラップで行います。

 

アンダーラップはFinoaのグリップ用が色もたくさんあるのでおすすめですね。

 

アンダーラップの巻き方

バドミントンのグリップテープの巻き方【太さを調整してスイングしやすくする】

僕は手が小さめなのでG5ラケットの元グリップだけの状態がちょうど手にフィットする太さなので、元グリップにグリップテープを巻くと太く感じてしまいます。

 

そこで、ラケットに最初から巻いてある元グリップをはがして木の部分を出します。トップの選手も、元グリップを剥がしている人が多いですね。

 

元グリップをはがした後は、粘着剤をキレイにとっておきましょう。粘着剤が残っているとアンダーラップを巻き替えるときに面倒なことになります。

 

ヒートガンを使って温めると簡単に剥がせるらしいですけど試したことはないですね。元グリップがあっても太く感じなければ剥がす必要はないです。

 

ラケットのグリップサイズがわからない人はこちらに書いています。

【初心者|中級者】バドミントンラケットの選び方の4つのポイント【重量やグリップの太さなどを解説】

 

 

バドミントンのグリップテープの巻き方【太さを調整してスイングしやすくする】

アンダーラップでラケットのグリップの太さを調整していきます。

 

アンダーラップは近所の薬局で売ってるやつを使用しているので、特にこだわりとかはないです。

 

巻き終わりが下に来た方がズレにくい気がするので、今回はアンダーラップを1周巻くので下から巻き始めています。

 

1周半にしたいときはグリップの上から巻いていきます。

 

どっちからでも最初は横に一周巻きます。

 

 

バドミントンのグリップテープの巻き方【太さを調整してスイングしやすくする】

少し斜めにしながらグリップの上に向かって巻いていきます。

 

アンダーラップにシワがはいらないように気を付けながら巻いていきます。

 

 

バドミントンのグリップテープの巻き方【太さを調整してスイングしやすくする】

僕はグリップとシャフトのつなぐ部分に少しかかるように巻いています。

 

ここら辺は特にこだわる必要はないと思いますが。

 

バドミントンのグリップテープの巻き方【太さを調整してスイングしやすくする】

上部まで巻いたら、次は真横に一周巻きます。真ん中と上でアンダーラップの厚みがなるべく変わらないようにします。

 

 

バドミントンのグリップテープの巻き方【太さを調整してスイングしやすくする】

同じように斜めにしながら、グリップエンドに向かって巻いていきます。

 

 

バドミントンのグリップテープの巻き方【太さを調整してスイングしやすくする】

グリップエンドまで巻き終わったら、アンダーラップを切ります。

 

この記事を書いたときは1周でしたが、今は1週半に変えています。

 

自分の成長や上達によっても感覚にあった太さに変えていくことがいいですね。

 

 

バドミントンのグリップテープの巻き方【太さを調整してスイングしやすくする】

グリップエンドを太くしたほうがラケットバランス的に振りやすく感じたため、アンダーラップ50cmほどを4つ折りにして巻いています。

 

グリップテープでグリップエンドを太くする方法もありますし、太くしなくても個人の好みでいいと思います。

 

僕の爆絶強い後輩は「ぎりぎりの球はグリップエンドを握る」からグリップエンドは太くしないみたいです。

 

 

グリップテープの巻き方

バドミントンのグリップテープの巻き方【太さを調整してスイングしやすくする】

僕が一番フィット感が強く感じたグリップテープ「GOSEN SUPER TACK GRIP」の白色を巻いていきます。

 

アンダーラップを使いまわしにするために、グリップテープは粘着剤が付いていない方から巻いていきましょう。

 

クリップテープをグリップエンドから少しはみ出して、斜めに巻くとキレイに巻けます。

 

巻き始めは多少汚くなっても、あまり気にせずに巻いています。

 

 

バドミントンのグリップテープの巻き方【太さを調整してスイングしやすくする】

グリップテープを斜めにかなり強めの力でしっかり伸ばしながら、グリップがデコボコにならないように巻いていきます。

 

右利きは右巻きで、左利きは左巻きでいいと思います。

 

 

バドミントンのグリップテープの巻き方【太さを調整してスイングしやすくする】

グリップテープはすべて巻き終わるまで巻いて、粘着剤で止めて終了です。

 

黒いエンドテープは巻いても、巻かなくても好みでいいと思います。(僕は巻いています)

 

これで簡単に「手にフィットしてスイングしやすいグリップ」が完成です。

 

 

グリップテープの替え時

バドミントンのグリップテープの巻き方【太さを調整してスイングしやすくする】

繰り返し練習をしていると、写真のようにグリップテープの表面が削れてきます。

 

グリップ力が弱くなり、ラケットの操作性が悪くなってくるので交換しましょう。

 

試合前は必ずグリップをチェックしたほうがいいです。

 

グリップを巻き替えるときアンダーラップに少しシワが入ることもありますが、気にせずに使っていますね。

 

アンダーラップがペッタンコになってたら、上からまた半周追加する感じにしてます。

 

 

フィット感が強いウェットグリップテープ3選

僕が今まで使用してフィット感が良かったウェットグリップテープを4つ紹介しますので、参考にしてみてください。

 

Wilson PRO OVER GRIP

 

PRO OVERGRIPは松友選手や、テニスの錦織選手が愛用しているグリップテープになります。

 

手に吸い付くようなフィット感と、しっとりとなじんでくるウェット感でラケットスイングがしやすいです。

 

楽天のレビューを見ても☆4.8以上と高評価で、コスパと手になじむフィット感に満足されている方が多いですね。

 

単品、3個入りは9色と豊富で、12個入りは「白」「黒」の2色、30個入りは「白」のみです。

 

サイズは1050mm×幅30mm×厚み0.5mmで、少し薄めで短めのサイズになっています。

 

GOSEN SUPER TACK GRIP

スーパータックグリップは僕が今愛用しているグリップテープです。

 

フィット感がかなりいい感じで、ラケットがかなり振りやすくなりましたね。

 

価格は60個入りが5400円、1個あたり90円と激安なところもおススメのポイントです。

 

60個入りと多いため、チームでシェアしてもいいですね。(僕は1人で使ってますけど…)

 

色は「白」「黒」「アソート(色いろいろ)」があり、色でフィット感が違うように気がするので「」を使っています。

 

サイズは1100mm×幅26mm×厚み0.75mmで、ヨネックスのグリップテープより短いので、ちょっともの足りない人もいるかもしれませんね。

 

10個からでも注文できるお店もあるので、お試しに使ってみてもいいですね。

 

YONEX WET SUPER STRONG GRIP

WET SUPER STRONG GRIPは ヨネックスのウェットグリップテープの中で、一番フィット感が強く感じたグリップテープです。

 

白しか使ったことないので色によるフィット感の違いはわからないですが、色は6色(ホワイト、ブラック、イエロー、ワインレッド、ブライトオレンジ、オリエンタルブルー)あります。

 

サイズは1200mm×幅25mm×厚み0.65mmです。価格は3本巻き810円と少しお高めの値段になっています。

 

商品レビューを見ても気に入っている人が多数いので、試してみるといいと思います。

 

YONEX WET SUPER GRIP

ウエットスーパーグリップテープはほとんどの人が使ったことがあるグリップテープだと思うので使用感はわかると思います。

 

色は4種類(ホワイト、ブラック、レッド、イエロー)、色によるフィット感の違いは記憶にないです…。

 

価格は30個入りが4800円前後で、3本巻きよりリーズナブルですね。15本×2セットなので、お友達とかと2人で分けるとちょうどいい感じかもしれません。

 

サイズは1200mm×幅25mm×厚み0.6mmで、ラケットのシャフトまでグリップテープを巻く人はちょうどいい長さだと思います。

まとめ

今回はグリップの太さを調節して手にフィットするグリップテープの巻き方について書いていきました。

 

グリップはラケットの操作性に関わってくるところなので、しっかり自分の感覚にフィットした太さを見つけることが大切です。

 

グリップがフィットするとラケットの振りやすさがぜんぜん変わってきますので、自分でいろいろ工夫してスイングしやすいグリップに仕上げましょー。

【バドミントン|テニス】BADLOG的おすすめのグリップテープ5選【コスパとフィット感の両立】

バドミントンのグリップテープはラケットの操作性に関わる重要なところで、割と頻繁に巻き替えて地味にお金がかかってきます。   グリップテープは使用感も重要ですが、やはりコスパも重要ですね。 & ...

続きを見る

バドミントンシューズ選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

バドミントンはたくさん動くスポーツなので、バドミントンシューズは動きやすいものを選びたいですよね。   シューズを買いたいけど「シューズはどれにしようか」と迷う方もいると思います。 &nbs ...

続きを見る

バドミントンラケット選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

バドミントンラケットのメーカーやラケットの種類が増えてきて、新しく購入するときに「どのラケットを選んだらいいのか」迷ってしまいます。   気持ちよくバドミントンをするためにも、自分のスイング ...

続きを見る

バドミントンガット選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

バドミントンを気持ちよくプレーするためにも、自分の打球感にあったガットを選びたいですよね。   メーカー・種類も多いので自分の打球感に合うガットを探すのって、ものすごく大変じゃないですか。 ...

続きを見る

この記事も読まれています

-バドミントンラケット
-,

Copyright© BADLOG , 2019 All Rights Reserved.