バドミントンの豆知識

バドミントンガットを張ってすぐ切れるとショック【原因と対処法】

2019年1月6日

ガットが切れてショック

せっかく張りたてのガットが、すぐ切れてしまと「めっちゃショック」です。

 

またスポーツ店に足を運ぶ時間やお金を費やしてしまうので、面倒になってしまいますね。

 

そこで今回は、張ったばかりのガットがすぐに切れる原因と対処法を書きました。

 

ガットが切れやすいと感じている人は、参考に読んでみてください。

 

ひろぽん
せっかく張ったガットが2日で切れちゃっただけど。
張ってすぐ切れたならグロメが傷んでるか、寒い時期はすぐ切れたりするね。
るーしえ
ひろぽん
少しでもガット代を節約したいからなんか対処法ない?
それじゃー、ガットの切れる原因別に対処法を教えるから参考にしてねー。
るーしえ

バドミントンガットを張ってすぐ切れるとショック【原因と対処法】

グロメットが傷んでいるとガットが切れる

張ったガットが1日・2日ですぐ切れたときの原因は、ほとんどがグロメットだと考えられます。

 

グロメットが傷んでいるとガットに負荷がかかるので、切れやすくなります。

 

通称「ヘタ切れ」と呼ばれるやつです。

 

縦糸の上の端から切れて、ガットの切り口が2つのグロメットレーンに別れた状態になったら「下手切れ」です。

ヘタ切れ

BG65強TiからBG80に変えたときに「ヘタ切れ」するようになって、いっときグロメットが原因だと気が付かなかったですね。

 

ほとんど写真と同じ位置が切れることが多く、高テンションで張ったり冬場に起こりやすいと思います。

 

写真と同じ切れ方をしたときは、まずグロメットを交換しましょう。

 

ラケットにもよりますが、グロメットを改良してヘタ切れを防ぐ方法もあるので参考にしてみてください。

グロメット
バドミントンラケットのグロメットの交換方法【改良してガットのヘタ切れを予防する方法も紹介】

BADLOGのバドミントン講座です。今回はバドミントンラケットのフレームに付いているグロメットの交換方法について書きました。   グロメットを交換しないと使いつづけると「ヘタ切れ」やフレーム ...

 

だいたい2回ぐらい張ったらガットを張ったらグロメットを交換してますね。2019年は2回ほど交換し忘れてヘタ切れして「マジで交換しておけばよかった」と後悔するときもあります。

 

ガットの種類によってもヘタ切れのしやすさは変わると思います。太めのBG65強Tiだとヘタ切れした記憶がないので…。

 

どうしても自分で交換できない人は、スポーツ店で頼んでみるといいでしょう。(2~300円程度で交換してくれた気がしますけど)

るーしえ
グロメットのチェックはだるいけど、こまめにしといたほうがいいよー

 

寒い冬場はガットが切れる

寒い冬

バドミントンのガットはほとんどがナイロン製なので、寒くなると温度の影響でガットが硬くなるので切れやすくなります。

 

BG80を28ポンドで張った場合だと暖かい4月だと月に2本しか切れていませんが、12月は倍の4本切れて毎年同じような傾向です。

 

冬にガットが切れる場合は表面の擦れが少ないような気がします。ガットが切れる位置は打ち方で縦糸・横糸どちらでも切れますね。

 

冬場はガット自体が切れるので、対処法は耐久性を高いガットを使用するか、テンションを下げるしかないですね。

 

僕はテンション下げるのが嫌なので、寒い1月・2月はBG80より耐久性が高いBG65強Tiを使うようにしています。

 

特に冬場は下手切れが起こりやすくなるので、グロメットに注意してください。

 

冬場だけ耐久性が高いガットに変えるのがオススメですね。

2020年1月は6本切れて、まじショックでした
るーしえ

 

カットの練習は切れやすい

シングルスでよく使われるカットの練習をすると、縦糸と横糸が摩擦が強いのでガットが切れやすいですね。

 

カットの練習でガットが切れるのは、しっかりカッティング出来てる証拠なので、むしろいいことです。

 

特に冬場のカットの練習はさらにガットが切れやすくなりますね(=゚ω゚)ノ

るーしえ
これはしょうがない、あきらめてね

 

床で擦ってガットが切れる

バドミントンを始めたばかりの人や小さい子供がロブを打つときに、ラケットを床で擦ってガットが切れてしまうことがあります。

 

1発で切れることはあまりないので、フレームトップのガットが擦れていないかをチェックしてみて下さい。

 

テニス用のラケットエッジガードを使用して、ラケットヘッドの角の部分にエッジカードを張って保護しておくといいです。

 

高テンションだとガットが切れやすい

バドミントンガット 高テンション

当然ですけど30ポンドあたりの高テンションで張ると、ガットが硬くて切れやすいです。

 

3日以内に切れてもおかしくないレベルで、1週間持てばいいほうだと思います。

 

あと、アルティマックスなど細いゲージを高テンションで張った場合は、グロメットにかなり要注意です。

 

置いていただけでガットが切れた話もありますからね。

 

対策としてはNANOGY95みたいな耐久性が高いガットに変更するかですね。

参考記事
【耐久性比較】バドミントンガットのレビュー記事まとめ

BADLOGのバドミントングッズ紹介です。「バドミントンガットを張ってすぐ切れるとショック【原因と対処法】」という記事が地味に人気ですね。   ガットの耐久性はゲージの太さだけでなく使われる ...

 

ガットを変更したくなければ切れるのを覚悟で、自分でガット張りを覚えて1本当たりのコストを抑えるかです。

参考記事
バドミントン ガット張り機
バドミントンガットの2本張りの解説【自分で張り方を覚えてガット代を節約】

BADLOGのガット張り講座です。自分でガット張れるようになってからは、ガット張りの品質もコスト的にも満足するようになりました。   ガット張りを覚えるとコストを抑えることができるので、気軽 ...

 

30ポンドあたりで張る人はバドミントンの経験も豊富な人なので、切れるのが当たり前だと思ってやるでしょうけど…。

るーしえ
3日で「割ともつ」と言っちゃう人もいます(笑)

 

そもそも切れやすいガットを使用している

そもそも耐久性が低いガットを使用している場合は、2~3日で切れてしまうこともあります。

 

僕が使っているBG80はかなり切れやすく、夏場でも28ポンド週4回の練習で1週間~10日程度しか持ちません。(冬場は3日!)

 

僕が学生のときに使用してたら、たぶん夏場でも3日ぐらいで切れてたと思います。

 

AEROBITE、細ゲージのガット、割とBG65強Tiも切れやすいです。

 

この場合も耐久性の高いガットにするか、自分でガット張りを覚えて一本当たりのコストを抑えるかですね。

 

まとめ

今回は「バドミントンガットを張ってすぐ切れるとショック【原因と対処法】」というタイトルで書きました。

 

せっかく張ったガットが1日、2日で切れてしまうと「マジでショック」ですよね。

 

ガットが1日、2日で切れるようなら、ほとんどが「ヘタ切れ」と考えられます。

 

ガット張りをお店に出すときも、自分でグロメットをしっかりチェックしましょう。

 

ガットが切れる頻度としては、僕のなかでは1週間~2週間で切れるのがベストです。

 

28ポンドで張っているので1ケ月いじょう長持ちすると、テンションがかなり落ちて打球感が悪くなるから嫌ですね…。

 

初心者の方だと1ケ月以上でも大丈夫ですけど、ガットの表面が擦れてテンションが落ちてきたら、張り替えをおすすめします。

 

案外ガットが切れるのが…

 

ノッカー!

おすすめバドミントンガット
バドミントンガット選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

バドミントンガット選びはメーカー・種類が多く迷ってしまい、気持ちよくプレーするためにも打球感がいいものを使いたいですね。   世界のトップ選手はガットにもこだわってるはず!   と ...

続きを見る

おすすめバドミントンラケットの見出し
バドミントンラケット選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

バドミントンラケットはプレーに影響する重要なところで、メーカーや種類が多く迷ってしまいます。   やはりトップ選手が使用するラケットから選ぶ人も多いので、ホームページやカタログで調査して人気 ...

続きを見る

おすすめバドミントンシューズの見出し
バドミントンシューズ選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

BADLOGのバドミントングッズ紹介です。バドミントンシューズの種類・メーカーが増えて選ぶのに迷うことがあります。   バドミントンはたくさん動くスポーツなので、バドミントンシューズは動きや ...

続きを見る

この記事も読まれています

-バドミントンの豆知識
-

Copyright© BADLOG , 2020 All Rights Reserved.