バドミントングッズ

【ソフソール アスリートレビュー】履き心地がよくて関節の負担も軽減してくれるインソール

2019年8月14日

ソフソール アスリート レビュー

前回に「ソフソール ARCH」が使ってみて良かったので今回は、運動時の疲労を抑える「ソフソール アスリート」を購入してみました。

 

バドミントンをしているので「アスリート」というネーミングで使いたくなってしまいますね。

 

アスリートは動きやすく履き心地も良くて、関節の負担を軽減する機能もあります。

 

いろいろなスポーツに使えて1500円程度のお手ごろ価格なのでおすすめですね。

使用スポーツ

ソフソール アスリート レビュー

バレーボール

バスケットボール

ハンドボール

卓球

バドミントン

ランニング

テニス

トラッキング

ゴルフ

インソールを購入するときは参考にしてて、経験上「バスケットボール」と「バレーボール」が入っていれば耐久性は問題なく使えますね。

 

ウォーキング用とかランニング用だけだとバドミントンで使用すると、インソールが1~2週間で壊れてしまうこともあります。

 

アーチと同じく「バドミントン」も入っているから、安心して購入できました。

 

アスリートの機能

アスリートの大きな機能は3つですね。

ソフソール アスリート レビュー

アパフォーム|運動機能を向上させる

サポート|アーチの動きを安定させる

コンフォート|関節の負担を軽減する

バドミントンは切り返しや踏み込みの動作が繰り返し多いので、アーチの安定性や関節の負担を軽減する機能はいいですね。

 

アスリートのインソール形状はARCHと変わっています。

ソフソール アスリート レビュー

低速筋膜をサポートする前足部のジェルがアスリートには機能として備わっていますね。

 

かかと部分にも青い柔らかいジェルがあり、着地のときに衝撃を吸収してサポートしてくれます。

 

ARCHと同じ新改良IMPULUS衝撃吸収材で、クッション性で安定した体重移動ができる機能ですね。

 

土踏まずのアーチの高さは普通のインソールぐらいの感じになっていますね。

ソフソール アスリート レビュー

アーチとサイズを比較してみました。

アーチ アスリート
重さ 128g 121g
前足部の厚さ 5mm 4.5mm
アーチの高さ 3.2cm 2.7cm
かかとの厚さ 8mm 8mm

 

重量はARCHよりアスリートの方が7g軽く、履き心地もいいのでバドミントンではアスリートの方が動きやすいですね。

 

クッション性はARCHの高いですが、バドミントンシューズの純正インソールよりかは柔らかくクッション性が高く感じます。

 

YONEX純正のインソールは61gとかなり軽量で硬めなので、クッション性が高くなる代わりに重量が重くなるという感じです。

 

ランニングだとアスファルトの衝撃がけっこう膝に来るのでARCHがおすすめですね

ソフソール アスリート レビュー

かかとは同じ8mmでもARCHの方が外側が高く、かかとを包み込むような構造になっているので安定してそうな気がしますね。

 

アーチの構造のところを見比べてみても結構な差があって、履き心地がぜんぜん違います。

【インソール】運動時の疲労を抑える「ソフソール アスリート」のレビュー

ARCHだと土踏まずにかなりフィットする感じでしたが、アスリートのほうは少しゆとりがあって、履き心地的にはアスリートの方が好きですね。

 

ARCHとアスリートの裏面の構造の違いですね。(ARCHは使い古して汚いですがごめんなさい)

ソフソール アスリート レビュー

ARCHになかった前足部の青いジェルが足底筋膜をサポートしてくれる機能がアスリートにあります。

 

バドミントンはダッシュして踏み込みで止める動きが多いので、つま先にも衝撃を吸収するサポートが付いているのはいいですね。

 

足も動かしやすく動かしやすくクッション性もあるので、たぶん…バドミントンの疲労も抑えてくれます!

 

買ったサイズはLサイズ(26.5cm-28cm)で、使用しているシューズのサイズは26.5cmです。

 

26.5cmのシューズにLサイズでも切らずにそのまま押し込んで使用することができました。

 

履いた感じも違和感ないのでメンドクサイ作業をせずにすみましたね。

 

まとめ

今回は「【ソフソール アスリートレビュー】履き心地がよくて関節の負担も軽減してくれるインソール」というタイトルで書きました。

 

アスリートは履き心地も良くてクッション性もあり、フィット感がよくてバドミントンも動きやすかったです。

 

インソールは値段が高いと新しいシューズを買った方がマシだなと思うこともあるので、値段もお手頃なのでおすすめですね。

 

この記事も読まれています

-バドミントングッズ
-

Copyright© BADLOG , 2020 All Rights Reserved.