バドミントンの技術戦術

【バドミントン】フォア奥のスマッシュは足を入れ替えずにサイドオンスタイルで叩き込む

【バドミントン】フォア奥はサイドオンスタイルでスマッシュを叩き込む

バドミントンで打って気持ちいいのは、やはり「スマッシュ」ですよね。

 

バドミントンのスマッシュにもいろいろな打ち方があり、今回はフォア奥からサイドオンスタイルで打つスマッシュを解説します。

 

シングルスではラリーが速いので下がる時間がないときは、、フォア奥は足を入れ替えずに飛びついてのスマッシュを打ちます。

 

それではサイドオンスタイルのスマッシュの打ち方を解説しますので、参考にして読んで見てください。

【バドミントン】フォア奥のスマッシュは足を入れ替えずにサイドオンスタイルで叩き込む

スマッシュはグリップがしっかりできていないと打てないので、わからない人はこちらの記事を参考にしてください。

 

サイドオンスタイルの打ち方の解説は「encyclopedia of Badminton」の動画で、右利き用にミラーになった動画で解説させて頂きます。

 

 

フォア側の足を入れ替えずにジャンプして飛びつく打ち方を「サイドオンスタイル」と呼んでいます。

 

サイドオンスタイルはダブルスのフォア奥でも使いますが、主にシングルスの使うことが多いです。

 

それではサイドオンスタイルの打ち方について解説していきます。

 

サイドオンスタイルの解説

ロブを打ったシーン

【バドミントン】フォア奥はサイドオンスタイルでスマッシュを叩き込む
引用:YouTube.com

リンダン選手がセンターにショートリターンを打って、相手の選手がフォア奥にロブを打ってきた場面です。

 

フォア奥にロブが上がってくるのを読んで右足を引いた状態で、軽く膝を曲げることでフットワークが動きやすい状態を作っています。

 

スマッシュの足でタメを作る

【バドミントン】フォア奥はサイドオンスタイルでスマッシュを叩き込む
引用:YouTube.com

ロブの落下地点に合わせて小さくステップを踏んで、ジャンプをする瞬間に利き足に足に体重をかけて飛びつく態勢に入っています。

 

飛びつく瞬間のつま先はサイドラインの方に向ているのも、飛びつきしやすくするコツです。

 

スマッシュをしっかり打つために足にタメを作って、ラケットを持ったほうの肩をしっかり後ろに引くのがポイントですね。

 

サイドンスタイルのジャンプする瞬間

【バドミントン】フォア奥はサイドオンスタイルでスマッシュを叩き込む
引用:YouTube.com

サイドオンスタイルで飛びつくときは、左足が先に離れて利き足で蹴って飛ぶ感じをイメージするといいと思います。

 

サイドオンスタイルのジャンプは後ろ側に飛んで、下がりながらスマッシュを打つことが多いですね。

 

サイドオンスタイルのジャンプ

【バドミントン】フォア奥はサイドオンスタイルでスマッシュを叩き込む
引用:YouTube.com

スマッシュを打つ前のテークバックの他とフォームはあまり変わらない感じですね。

 

体を横にして胸を張る感じで、しっかり左手を上にあげてスマッシュのタメを作ります。

 

それにしてもリンダン選手のフォームは躍動感ある素晴らしいフォームですね。

 

サイドオンスタイルのスマッシュの打点

【バドミントン】フォア奥はサイドオンスタイルでスマッシュを叩き込む
引用:YouTube.com

サイドオンスタイルで飛びついたときに、からだを少し回転させることで、スマッシュにパワーを載せます。

 

スマッシュを打ったときの打点は両肩のライン上に右肘があり、手首・肘の使い方はこちらの参考にしてみてください。

 

スマッシュの打ち終わりは足を入れ替えない

【バドミントン】フォア奥はサイドオンスタイルでスマッシュを叩き込む
引用:YouTube.com

画像を見るとスマッシュ打った後も足を入れ替えずに、着地に向かってるのがわかると思います。

 

スマッシュは足を入れ替えた方がパワーがありますが、シングルだと相手も厳しい球を打つので、シャトルの落下地点まで間に合わないですね。

 

体の回転を十分に使うことができないので、ジャンプするときのスマッシュのタメが重要になります。

 

サイドオンスタイルの着地

【バドミントン】フォア奥はサイドオンスタイルでスマッシュを叩き込む
引用:YouTube.com

リンダン選手は着地と同時に、すぐ前に走り出せる態勢になっていますね。

 

サイドンスタイルは後ろ側に飛んで下がりながら打つので、スマッシュが取られたときはしっかり走らないといけないですね。

 

取られると結構しんどいので、スマッシュを決めるつもりで打ちましょう。

 

サイドオンスタイルとディンクスマッシュを組み合わせる

サイドオンスタイルと「ディンクスマッシュ」を組み合わせると、シングルスのプレーの幅も広がります。

【バドミントン】速い展開で使うディンクスマッシュの打ち方【回内動作からラケット引き戻す】

バドミントンで打って気持ちいいのは、やはり「スマッシュ」ですよね。   スマッシュの打ち方でもいろいろな打ち方があって、聞きなれない言葉ですが「ディンクショット」と呼ばれる打ち方があります。 ...

 

 

インタノン選手がフォア奥にクリアを打たれて、サイドオンスタイルで飛びついてディンクスマッシュで決めています。

 

女子の選手はジャンプスマッシュはあまり使いませんが、サイドオンスタイルのジャンプは使いますね。

 

ジュニアや初心者も練習すれば飛びついてスマッシュを打てるようになるので、動画でイメージを作って繰り返し練習するといいです。

 

サイドオンスタイルのスマッシュの練習方法は手投げノックでやるといいと思います。

 


手投げをする方のノッカーが、しっかり飛びつけるタイミングでシャトルを出してやるといいですね。

 

まとめ

今回は「【バドミントン】フォア奥のスマッシュは足を入れ替えずにサイドオンスタイルで叩き込む」というタイトルで書きました。

 

フォア奥は余裕があってフルでスマッシュを打つときは、下の動画のように足を入れ替えた方がもちろんパワーがありますね。

 

バドミントンのラリーはスピードがあって、そう簡単には十分な態勢でスマッシュを打てないので、サイドオンスタイルを使います。

 

サイドオンスタイルはシングルスで紹介しましたがダブルスでも使うので、ダブルスをやられてる方も打ち方を練習するといいですね。

 

以上、サイドオンスタイルで飛びつくスマッシュの打ち方でした。

【バドミントン】スマッシュの速くするコツの画像解説まとめ【トップ選手のフォームを見て学ぶ動画集】

バドミントンの魅力はと言えばやはりスマッシュ!速いスマッシュを打てたときは、めっちゃ快感です。   BADOLOGのスマッシュの打ち方の記事も増えてきたので、参考になる動画と細かい技術の画像 ...

続きを見る

おすすめバドミントンラケットの見出し
バドミントンラケット選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

バドミントンラケットはプレーに影響する重要なところで、メーカーや種類が多いのでどれを選ぶか迷ってしまいます。   やはり自分の好きな選手や人気のラケットから選ぶ人も多いので、ホームページやカ ...

続きを見る

おすすめバドミントンガット
バドミントンガット選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

バドミントンガット選びはメーカー・種類が多く迷ってしまい、気持ちよくプレーするためにも打球感がいいものを使いたいですね。   世界のトップ選手はガットにもこだわってるはず!   と ...

続きを見る

おすすめバドミントンシューズの見出し
バドミントンシューズ選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

バドミントンシューズの種類・メーカーが増えて選ぶのに迷うことがありますが、たくさん動くスポーツなのでフットワークが軽いシューズを選びたいですよね。   世界のトップ選手が履いているシューズは ...

続きを見る

 

この記事も読まれています

-バドミントンの技術戦術