バドミントンラケット 雑学系

バドミントンラケットのグロメットの交換方法【ヘタ切れしたら交換しましょう】

2019年2月4日

バドミントンラケットのグロメットの交換方法【ヘタ切れしたら交換しましょう】

BADLOGのバドミントン講座です。

 

ラケットのグロメットを交換しないと、張ったばかりのガットが切れてしまうことがあります。

 

下の写真のようにガットが上のほうで切れる「ヘタ切れ」と呼ばれる切れ方をしたときは、グロメットを交換したほうがいいですね。

バドミントンラケットのグロメットの交換方法【ヘタ切れしたら交換しましょう】

せっかく張り替えたばかりのガットがすぐ切れてしまうのは、お金と時間がもったいないです。

 

そこで今回は、グロメットの交換方法について書きました。

 

グロメットの交換は簡単なので、参考にしてみてください。

バドミントンラケットのグロメットの交換方法【ヘタ切れしたら交換しましょう】

グロメットの交換に使う器具

YONEXのグロメットニッパを使えば、ちょー簡単に交換できます。

 

別の工具を使って交換する人もいますが、グロメットニッパで交換すればラケットを傷つける心配なく安心です。

 

今回グロメットを交換してるラケットはボルトリックZ-FORCEⅡです。

 

BG80を28ポンドで張っているためグロメットが傷みやすいので、3回ぐらい張ったら交換する感じにしてますね。

 

細いガットや高テンションの人ほどグロメットが傷みやすいので、こまめにチェックしたほうがいいですね。

 

アストロクスシリーズのラケットだとグロメットを改良して「ヘタ切れ」を防止する方法もあるので参考にしてみてください。

バドミントンラケットのグロメットを改良してガットのヘタ切れを予防する方法

BADLOGのバドミントン講座です。   「バドミントンガットを張ってすぐ切れるとショック【原因と対処法】」が地味に人気記事ですね。   ハッキリ言って読まれないと思ってましたが、 ...

続きを見る

 

グロメットの交換手順

バドミントンラケットのグロメットの交換方法【ヘタ切れしたら交換しましょう】

ラケットヘッドのグロメットが両サイド使って、ガットの食い込みが大きくなったら交換します。

 

グロメットの交換する場所は基本的にヘッドトップの8個グロメットを交換しておけば大丈夫です。

 

28ポンドの高テンションで張っているので3、4回張り替えたら、グロメットの位置を変えて逆サイドを使うようにしてます。

 

僕が使っているボルトリックz-forceⅡは買って3年ほど経ちますが、トップの8個以外はまだ交換していません。

 

グロメットが傷んでフレームに接触しそうだったら交換しましょう。

 

 

バドミントンラケットのグロメットの交換方法【ヘタ切れしたら交換しましょう】

グロメットの取り方はグロメットニッパを使って下から押し出すだけで、ちょー簡単です。

 

 

バドミントンラケットのグロメットの交換方法【ヘタ切れしたら交換しましょう】

ヘッドトップのグロメット8個を全部取った状態です。

 

 

バドミントンラケットのグロメットの交換方法【ヘタ切れしたら交換しましょう】

グロメットの付け方も、ちょうー簡単です

 

フレームにグロメットを置いて、グロメットニッパで押し込むだけです。

 

 

バドミントンラケットのグロメットの交換方法【ヘタ切れしたら交換しましょう】

ヘッドトップにグロメット8個を全部つけ終われば完成です。

 

超簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

 

グロメットの保管方法

バドミントンラケットのグロメットの交換方法【ヘタ切れしたら交換しましょう】

グロメットはちっちゃいので、適当に保管すると面倒になります。

 

100均でくすりを入れるケースが売っているので、部品の種類ごとに保管しておくと便利です。

 

トップばかりを交換しているので、他の部品がたまってきます。。。

 

ラケットのグロメットの品番がわからない方はこちらにまとめてあります。

バドミントンラケットのシリーズごとのグロメットの種類を紹介【YONEX】

バドミントンラケットのグロメットを購入しようと思ったときに「グロメットのどの品番を購入すればいいのか」とわからないことがあります。   そこで今回は、YONEXのバドミントンラケットの種類ご ...

続きを見る

 

A-WINのグロメットセットを1個持っていても損はない感じですね。

A-WINのバドミントンラケット用グロメットセットのレビュー【大量に入ってるので損はしない感じ】

 

グロメットが取れないとき

古いラケットだとグロメットが取りにくいことがあります

 

10年以上使っていたTi7のグロメット交換したときに、縦と横がクロスするグロメットがなかなかとれなかったです。

 

ラケットにグロメットが引っ付いて、ペンチで全力で引っ張ること1時間、やっとの思いで取り出すことができました。

 

GOSENのグロメットグラインダーという、強制的にグロメットを取り出すアイテムがあります。(僕は使ったことないので使用感はわかりません)

 

グロメットグラインダーを使うと早くとれるかもしれません。

まとめ

今回は「バドミントンラケットのグロメットの交換方法【ヘタ切れしたら交換しましょう】」というタイトルで書きました。

 

グロメットニッパは4,700円とちょっと高いですが、「ヘタ切れ」してガットを張り直しすよりかはマシだと思います。

 

ヘタ切れを防止するためにもグロメットはこまめに交換したほうがいいですね。

 

ずっとグロメットを交換していないとグロメットの先端がとれて、打つたびに変な音が出ることもあるので、その時も交換した方がいいです。

 

交換はめっちゃ簡単なので、ぜひ自分で交換にチャレンジしてみてください。

 

バドミントンシューズ選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

BADLOGのバドミントングッズ紹介です。   バドミントンはたくさん動くスポーツなので、バドミントンシューズは動きやすいものを選びたいですよね。   世界のトップ選手が履いている ...

続きを見る

バドミントンラケット選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

BADLOGのバドミントングッズ紹介です。   気持ちよくバドミントンをするためにも、自分のスイングにあったラケットを見つけたいですね。   世界のトップ選手が使ってるラケットは使 ...

続きを見る

バドミントンガット選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

BADLOGのバドミントングッズ紹介です。   バドミントンを気持ちよくプレーするためにも、自分の打球感にあったガットを選びたいですよね。   トップ選手が使用してるガットは打ちや ...

続きを見る

この記事も読まれています

-バドミントンラケット, 雑学系
-,

Copyright© BADLOG , 2020 All Rights Reserved.