バドミントングッズ

【YONEX パワークッション インソールSレビュー】軽くてクッション性もあって履き心地もいい感じ

2020年5月13日

YONEX インソールS レビュー

今回はYONEXの「パワークッション インソールS」を購入したのでレビューしています。

 

バドミントンと言えばやはりヨネックスが王道になので、中敷きの交換に今回はパワークッション インソールSを選びました。

 

バドミントンシューズの純正インソールより柔らかくクッション性があるのに、重量がほとんど変わらないぐらい軽く履き心地もいい感じですね。

 

インソールは高い奴だと1万ぐらいする物もありますが、価格も2000円程度なのでリーズナブルに購入することができます。

 

インソール選びの参考にしてみて下さい。

YONEX パワークッション インソールS レビュー

パワークッション インソールSの特徴はバドミントンシューズの純正品と比べると、履き心地が柔らかく重量も比較的軽量なところですね。

 

YONEXのパワークッションと言えば、衝撃を吸収して反発力に変えるという素材ですね。

 

パワークッション インソールSは純正品よりクッション性が高いので衝撃を吸収して、体が疲れにくくなってる気がします。

 

バドミントンシューズの純正品のインソールと見比べてみました。

YONEX インソールS レビュー

写真下の純正品だとクッション材を使用してないためか、履き心地も硬くあまり衝撃吸収をしてくれる感触も感じないですね。

 

今回のパワークッション インソールSはかかとにスポンジのようなクッション材が付いていて、純正品と違い反発性が高いのがわかります。

 

バドミントンはかかとから踏み込むので、やはりかかとのクッション性は重視したいところですね。

 

かかと~アーチに補強パーツが付いていて足のぐらつきを抑えて安静性が向上させてあります。

 

つま先部分の形状は純正が波々に対して、インソールSはフラットになっていて厚みはほぼ変わらない感じです。

YONEX インソールS レビュー

つま先の厚みが変わらないけど実際に履いてみると、つま先の部分も柔らかクッション性がいい感じです。

 

スマッシュ&ネットで突っ込のは純正品のウェーブがあるほうがいい気もするので、どちらを優先させるかという感じですかね。

 

かかとのクッション性がいい感じで、インソール形状の高さも純正品とほぼ変わりません。

YONEX インソールS レビュー

実際にシューズに使ってみた感じではちょっとだけ狭くなった気がしますが、特に違和感を感じるほどじゃないですね。

 

パワークッション インソールSはクッション性が高くなってるのに重量がかなり軽いです。

YONEX インソールS レビュー

パワークッション インソールが69gで純正品が61gなので重量もほぼ変わらないのですね。

 

他のメーカーの使ったことあるインソールが120g前後だったので、替えのインソールでは動きやすいほうだと思います。

 

パワークッションインソールのサイズは3タイプで、ちょうど26.5cmなので今回はMを購入しています。

22.0~24.0cm S

24.5~26.5cm M

27.0~29.0cm L

インソールはサイズが4Eワイドタイプなのでジャストサイズでも、2E・3Eの人はカットしないとシューズに入らないですね。

 

インソールのカットは簡単にできますが分からない方は、こちらの動画が参考になります。

 

インソールのかかとを合わせてから親指側を合わせて、余った小指をカットすればいいです。

 

あまりきれいに切れなくてもシューズの中に入れてしまえば、気にならないので大丈夫ですね。

 

まとめ

今回はYONEX パワークッション インソールSのレビューについて書きました。

 

パワークッション インソールSはスポーツ用なので、バドミントン以外のスポーツにも使用することができますね。

 

耐久性はYONEXが作ってるから、バドミントンやテニスでも使用してもすぐに壊れないくらいには作ってあるでしょう。

 

クッション性も高く重量も軽くて、バドミントンも動きやすい感じなのでおすすめのインソールですね。

 

この記事も読まれています

-バドミントングッズ
-

Copyright© BADLOG , 2020 All Rights Reserved.