バドミントン技術戦術

【バドミントン】ドロップの打ち方のコツ【スマッシュと見せかけて落とすのがポイント】

投稿日:2019年10月7日 更新日:

【バドミントン】ドロップの打ち方のコツ【スマッシュと見せかけて落とすのがポイント】

ドロップはバドミントンの試合を組み立てる重要なショットになるので、今回はドロップの打ち方のコツについて書いていきます。

 

ドロップもいろいろな打ち方がありますが、相手に「スマッシュが来る!」と思わせるとかなり効果が高いです。

 

どういったドロップの打ち方がスマッシュに見えるのか、イメージしやすいように画像を使って解説してます。

 

バドミントン上達の参考にしてみてください。

【バドミントン】ドロップの打ち方のコツ【スマッシュと見せかけて落とすのがポイント】

前回、フォア奥はサイドオンスタイルでスマッシュを打つという解説をしました。

 

ということはドロップもサイドオンスタイルで打てると、スマッシュと打ち分けられるので効果的ですね。

 

読んでない方は合わせて読んでおくといいと思います。

【バドミントン】フォア奥はサイドオンスタイルでスマッシュを叩き込む【足を入れ替えずに打つ】

バドミントンをしていて気持ちいいのはスマッシュを「バシッ」と打てたときですよね。   スマッシュにもいろいろ打ち方があって、今回はフォア奥からサイドオンスタイルで打つスマッシュを解説していま ...

続きを見る

 

ドロップの打ち方はMADmintonさんの「Lee Chong Weiの伝説とは?-スキル編集」から、引用させて頂きたと思います。

 

 

バドミントン界のレジェンドのスキルを集めた動画で、かなり参考になるので繰り返し見るといいですね。

 

サイドオンスタイルでドロップを打ってるシーンは、ちょうど10分あたりからのラリー動画を見てみましょう。

 

スマッシュに見えるドロップの打ち方

【バドミントン】ドロップの打ち方のコツ【スマッシュと見せかけて落とすのがポイント】
引用:YouTube.com

ここからサイドオンスタイルで飛びついてドロップを打っています。

 

画像を見てもフォームに力強さが感じられ、しっかり右足に体重をかけスマッシュも打てるような態勢ですね。

 

ドロップを打つときはスマッシュに見えるように、シャトルの下に入るのがポイントになります。

 

 

【バドミントン】ドロップの打ち方のコツ【スマッシュと見せかけて落とすのがポイント】
引用:YouTube.com

ジャンプしてテークバックした態勢です。

 

飛びついたときにしっかり体を横にして、誰が見てもスマッシュを打つフォームに見えますね。

 

サイドオンスタイルのジャンプなので、ここから足を入れ替えずにドロップを打ちます。

 

 


引用:YouTube.com

シャトルを打ちにスイングしてるところの画像ですね。

 

ラケットのしなり具合からしっかりラケットを振っているのがわかると思います。

 

ドロップは手前に落とそうとゆっくりラケットを振りがちですが、しっかりラケットを振るのがポイントですね。

 

しっかりラケットを振るからこそ、相手に「スマッシュが来る!」と思わせられるのです。

 

 

【バドミントン】ドロップの打ち方のコツ【スマッシュと見せかけて落とすのがポイント】
引用:YouTube.com

ドロップの打点は肘の位置を見てみると、ほぼ両肩のライン(ちょっと上ぎみ)にあります。

 

これはスマッシュを打つときの「ゼロポジション」とほぼ変わらないですね。

バドミントンの速いスマッシュを打つフォーム【肘・肩の使い方|ゼロポジション】

 

ドロップを打つときも手首の角度は、ラケットと腕で「くの字」をイメージするといいと思います。

バドミントンの速いスマッシュを打つ手首の使い方と練習法【打点は「くの字」をイメージ】

 

ここまではほぼスマッシュのフォームとまったく変わらないように見えますね。

 

 

【バドミントン】ドロップの打ち方のコツ【スマッシュと見せかけて落とすのがポイント】
引用:YouTube.com

ドロップを打った後のスイングの画像です。

 

ここからはドロップとスマッシュのフォームに違いがあります。

 

スマッシュは回内させながらラケットを前に振る感じですが、ドロップは手首を回内させながら体の内側に振る感じですね。

 

 

【バドミントン】ドロップの打ち方のコツ【スマッシュと見せかけて落とすのがポイント】
引用:YouTube.com

ドロップを打った後のフォロースルーの画像です。

 

ちょっと画像がブレてますが、腕を体の内側に入れていってるのがわかると思います。

 

そうすることでスイングスピードも落とさずにドロップ打て、シャトルに回転をかけて打球に変化を生むこともできるのです。

 

 


引用:YouTube.com

スマッシュが来るように見えたのでしょう。桃田選手は1歩も動けずにドロップが決まってますね。

 

ドロップのシャトルの落下地点を見るとサービスラインより奥に落ちています。

 

ドロップはネットぎりぎりに落とそうとするより、まず「スマッシュが来る!」と思わせるのがポイントです。

 

もちろん手前に落とせるようになった方が効果は高くるので、コントロールできるように練習をしましょう。

ラウンドからのドロップの打ち方

ラウンド側からのドロップの打ち方もザーッと確認しておきましょう。

 

動画の9分10秒ぐらいからのラリーのシーンからです。

【バドミントン】ドロップの打ち方のコツ【スマッシュと見せかけて落とすのがポイント】
引用:YouTube.com

【バドミントン】ドロップの打ち方のコツ【スマッシュと見せかけて落とすのがポイント】
引用:YouTube.com

【バドミントン】ドロップの打ち方のコツ【スマッシュと見せかけて落とすのがポイント】
引用:YouTube.com

 

しっかりラウンド側も強力なスマッシュを打てる態勢で入っているのがわかります。

 

ドロップの打点はほぼ両肩のライン上にあり、腕とラケットで「くの字」を作って、そこから体の内側へラケットを振っていますね。

 

ドロップの打ち方はフォア側もラウンド側も、同じようにラケットを振るということです。

 

まとめ

今回は「【バドミントン】ドロップの打ち方のコツ【スマッシュと見せかけて落とすのがポイント】」というタイトルで書きました。

 

ドロップのタッチはリバースとスライスがありますが、やはり「スマッシュが来る!」と思うのはリバースで打つドロップですね。

 

ドロップの打ち方を動画でイメージして練習に取り組むと効率よく上達できますね。

 

フォア側はサイドオンスタイルだけでなく、足を入れ替える打ち方も動画で確認しておくといいですね。

 

ドロップはスマッシュと見せかけて落とす

 

【バドミントン】BADLOGのスマッシュの打ち方のコツまとめ【トップ選手のフォームを見て学ぶ動画集】

バドミントンの魅力はと言えばやはりスマッシュ!速いスマッシュを打てたときは、めっちゃ快感です。   バドミントンを始めて22年。「もっとスマッシュを速くしたい!」と思っていろいろトップ選手の ...

続きを見る

バドミントンラケット選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

バドミントンラケットのメーカーやラケットの種類が増えてきて、新しく購入するときに「どのラケットを選んだらいいのか」迷ってしまいます。   気持ちよくバドミントンをするためにも、自分のスイング ...

続きを見る

バドミントンガット選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

バドミントンを気持ちよくプレーするためにも、自分の打球感にあったガットを選びたいですよね。   メーカー・種類も多いので自分の打球感に合うガットを探すのって、ものすごく大変じゃないですか。 ...

続きを見る

バドミントンシューズ選びにおすすめ【世界トップ選手の使用人気ランキングを付けてみた】

バドミントンはたくさん動くスポーツなので、バドミントンシューズは動きやすいものを選びたいですよね。   シューズを買いたいけど「シューズはどれにしようか」と迷う方もいると思います。 &nbs ...

続きを見る

この記事も読まれています

-バドミントン技術戦術
-,

Copyright© BADLOG , 2019 All Rights Reserved.