バドミントンの技術戦術

バドミントンラケットのバックハンドの持ち方【飛ばないときは握り方から見直してみよう】

2019年2月13日

バドミントンラケットのバックハンドの持ち方【飛ばないときは握り方から見直してみよう】

BADLOGのバドミントン講座です。

 

バドミントンはショットを打ち分けたり、力をコントロールするためにもラケットの持ち方が重要です。

 

バドミントンを始めたての人はバックハンドが飛ばなかったり、苦手意識を持ったりすると思います。

 

そこで今回は、バックハンドのラケットの持ち方について書きました。

 

バックハンドは握り方をしっかりマスターして、繰り返し練習すれば飛ぶようになるので参考にしてみてください。

バドミントンラケットのバックハンドの持ち方【飛ばないときは握り方から見直してみよう】

僕の中でバックハンドのラケットの持ち方は基本と応用で3種類あります。

 

初心者の方は基本の持ち方をまずマスターしてください。

 

バックハンドの基本の持ち方

バドミントンラケットのバックハンドの持ち方【飛ばないときは握り方から見直してみよう】

バックハンドの最も基本的なグリップの持ち方です。この握り方で、ほとんどのバックハンドのショットを打つことができます。

 

わかりやすくするために長めにしてますが、普段はグリップキャップ辺りまで短く持っています。

 

グリップの八角形の一番広いところに親指をまっすぐ添えて、他の指でラケットを下から軽く支える感じです。

 

 

バドミントンラケットのバックハンドの持ち方【飛ばないときは握り方から見直してみよう】

手首は軽くリストスタンドします。リストスタンドすることで前腕の回外運動ができるので、バックハンドでも飛ばすことができます。

 

ラケットヘッドが手首の位置より上に来ることを意識して、ラケットと腕の角度が「くの字」をイメージするといいでしょう。

 

 

バドミントンラケットのバックハンドの持ち方【飛ばないときは握り方から見直してみよう】

ラケットヘッドが手首位置まで落ちて、一直線になるバックハンドの持ち方はよくありません。

 

ラケットヘッドが手首と同じ位置に来る人は、手首の回内動作が使えず屈伸運動でシャトルを打とうとするのでシャトルが飛ばなくなります。

 

手首も痛める可能性があるので、意識してリストスタンドしましょう。

 

バックハンドで飛ばすのはグリップと親指の付け根に少し空間を作るのがポイントです。

バドミントンラケットのバックハンドの持ち方【飛ばないときは握り方から見直してみよう】

 

指1本ぐらいが入る隙間を作って握って、シャトルを打つときに親指に力を入れて、ラケットを押すと空間が絞れます。

 

ラケット面を床と平行にした状態で、グリップを押すように親指に力を入れてみてください。

 

すると親指とグリップとの空間を絞れて、ラケット面が起き上ります。

バドミントンラケットのバックハンドの持ち方【飛ばないときは握り方から見直してみよう】

バドミントンラケットのバックハンドの持ち方【飛ばないときは握り方から見直してみよう】

ラケット面が起き上るこの状態が作れれば、正しくグリップを持ててる証拠です。

 

バックハンドは親指でラケットを押したときのラケットの回転運動でシャトルを飛ぶようになります。

 

軽く握った状態からシャトルのインパクトの瞬間に「ギュッ」と握りこむイメージです。

 

 

バドミントンラケットのバックハンドの持ち方【飛ばないときは握り方から見直してみよう】

ラケットと親指の空間を絞った状態はこんな感じになります。

 

ロブ、ドライブ、ハイバック、レシーブなどは、親指で押し出す力を利用することで飛ばすことができるんですね。

 

スマッシュのドライブレシーブで面を被せる動作とかは、親指でラケット面をコントロールします。

 

これがバックハンドの基本的なラケット操作になるので、参考に読んで見てください。

【バドミントンダブルス】スマッシュをドライブレシーブするコツ【ラケット面をかぶせるのがポイント】

BADLOGのバドミントン講座です。   バドミントンのダブルスは攻撃してる方が有利なのでなるべく上げたくないですが、どうしても上げないといけない場面は出てきます。   そんなとき ...

続きを見る

 

バックハンドのラケットの持ち方を別の角度から見た写真です。

バドミントンラケットのバックハンドの持ち方【飛ばないときは握り方から見直してみよう】

バックハンドの基本と応用の違いは親指の位置なので、この角度からがわかりやすいと思います。

バックハンドの応用の持ち方

バックハンドの応用の持ち方は2種類あって、主にハイバックのときに使います。

 

初心者だとバイバックが打てないので、中級者以上になったら練習してみるといいですね。(知識として持っておくことは重要ですね)

 

応用の握り方-①

バドミントンラケットのバックハンドの持ち方【飛ばないときは握り方から見直してみよう】

親指の位置がグリップの八角形の斜めの部分にくる握り方です。

 

前腕の回外動作がしやすくストレート・クロスに打ち分けやすくります。

 

基本的なラケットの握り方でハイバックを打てますが、僕はクロス方向にも打ちやすいように握り方を変えてます。

 

爆絶強い後輩も「ハイバックはこの位置で持ってる」って言ってました。

 

バドマガ2019年9月号の「極バド」レッスンで、スーパーバックと紹介されています。


バドミントンマガジン 2019年 09 月号 [別冊付録:ヤングジャンプ・コミックス「シャトルアイズ」第1話試し読み]

 

手首をしっかり効かせることができるので、ハイバックを飛ばすことができます。

 

応用の握り方-②

バドミントンラケットのバックハンドの持ち方【飛ばないときは握り方から見直してみよう】

ハイバックの握り方-②は親指の位置がグリップの八角形の縦の狭い部分にくる握り方です。

 

ちょっと①との差がわかりづらいですが、写真でグリップの擦れてるところが見えるようになってます。

 

ハイバックをスライス面でクロスカットを打つときに使う持ち方ですね。

 

僕はハイバックでクロスカットを打つときも、応用の握り方①で打つので使わないですけど…

 

まとめ

今回は「バドミントンラケットのバックハンドの基本的な持ち方【ハイバックの別の握り方も紹介】」というタイトルで書きました。

 

僕もバドミントンを始めたころはバックハンドが苦手で、飛ばなくて悩んだことがありますね。

 

バドミントンを上達するためにもまずグリップを正しく持てることが、バドミントンを上達するための第一歩です。

 

バックハンドは日常生活にない動きなので最初はうまく打てないかもしれませんが、しっかり練習すれば簡単に飛ぶようになります。

 

バドミントンのグリップは無意識でも常に正しくラケットを握れるまで練習が必要です。

 

試合中にラケットの握り方を気にしてる暇なんてないですからね(笑)

 

繰り返し練習することで誰でもラケットの握り方を習得できるので、頑張ってみてください。

バドミントンラケットのフォアハンドの持ち方【トップ選手がスマッシュ打つときの握り方の画像で見てる】

バドミントンはラケットショットを打ち分けたり、力をコントロールするのに握り方が重要になります。   ラケットの持ち方を理解することで上達も早くなるので、今回はフォアハンドのラケットの持ち方を ...

【バドミントン】速いスマッシュを打つ手首の使い方【打点は「くの字」をつくる】

バドミントンの魅力はと言えばやはり「スマッシュ」ですよね。   速いスマッシュを打てたときはめっちゃ快感です。速いスマッシュを打つコツとしては「回内動作」と呼ばれる手首の動きを使います。 & ...

バドミントンラケット
【2020年最新】初心者のバドミントンラケットの選び方とおすすめ10選

BADLOGのバドミントングッズ紹介です。バドミントン初心者の方だと「ラケットの種類がたくさんあって、どれを選んでいいかわからない」という感じだと思います。   バドミントンの経験者でもライ ...

グリップテープを巻いたラケット
バドミントンのグリップテープの巻き方【太さを調整してスイングしやすくする】

BADLOGのバドミントン講座です。バドミントンのグリップは、ラケットの操作性に関わる重要なところですね。   ひろぽんグリップが太くて振りづらい グリップをカスタマイズすると、スイングしや ...

この記事も読まれています

-バドミントンの技術戦術

Copyright© BADLOG , 2020 All Rights Reserved.