バドミントンラケット

【YONEX】ASTROX00のスペック情報

2020年3月3日

ジュニアにも人気があったボルトリックFBの後継版と思われるのが、「YONEX ASTROX00」 です。

 

アストロクス00は中級者向けモデルで、YONEX史上最軽量のラケットですね。新発売したということもあり、アストロクス00のスペックを見ていきます。

 ASTROX00のスペック

アストロクス00 デザイン

素材 高弾性カーボンフレーム+Nand+タングステン
高弾性カーボンシャフト+Namd
新内臓T型ジョイント
サイズ 2F(平均68g)5・6
ラケットバランス イーブン気味のヘッドヘビー・打球感中間
シャフト スリムシャフト
カラー ダークネイビーブルー
推奨張力 18-23
推奨ストリング ハードヒッター:NGB95
コントロールプレイヤー:BGSKY
定価 ¥19,000+税

アストロクス00のカラーはダークネイビーです。ナノレイ900にちょっと似てる感じがしますね。

 

YONEX史上最軽量ということで、重量が平均68gの2Fです。ラケットの重量は3U・4Uあたりが主流なので、かなり軽量になっているのが分かりますね。

2F 平均68g
F 平均73g
5U 平均78g
4U 平均83g
3U 平均88g
2U 平均93g

 

アストロクス00は軽量にしてラケット操作をしやすくすることで、ラリーを続けやすくした設計みたいですね。

弊社では、中級者層に"ラケットに軽さを求めること""ラリーが長く続くことに楽しさを感じる"傾向が強いことに注目。

 

ラリーでのミスはレシーブ時に起こりやすいため、ミスを軽減させることを目的に、弊社で最も軽い68g※1を実現し大幅な軽量化を図りました。

 

スムーズなラケットワークを実現する「ローテーショナルジェネレーターシステム」と軽量化の相乗効果で、次のショットへの準備が行ないやすくなり、レシーブ時のミス防止に威力を発揮します。

 

さらに、シャフト部分に使用した、大きくしなって素早く戻る新次元のカーボン素材Namd※3によって、シャトルを捉えて大きく飛ばし、しっかりとレシーブを返すことができます。

 

ASTROX 00はラリーの楽しさを存分に味わえる、中級者のニーズに応えた弊社史上最軽量のバドミントンラケットです。

ヨネックスHPより引用

 

ラケットヘッドの素材を見ると、ボルトリックFBで使われていた「ブラックマイクロコア」が使われていませんね。比重が高く打ちごたえを引き出す素材です。

 

最軽量というのもあってラケット強度は低いのかな。推奨張力は高テンションで張ることはできないですね。

 

推奨ガットは書いてるだけで、自分の好きな物を使えばいいですね。価格もネットだと比較的に買いやすいラケットだと思います。

 

ラケットバランス

YONEX ラケットセレクター

ヘッドはアストロクスシリーズなので、少し重めですね。打球感はボルトリックFBから比べると柔らかめになっていますね。

 

テクノロジー

ローテショナルジェネレーター

ローテショナルジェネレーター

アストロクスシリーズ共通で、重量を分配することでラケットを操作しやすくテクノロジーです。

 

軽量化と重量分配の相乗効果でさらに操作性が高まっているみたいですね。

 

Namd

Namd

Namdは強靭なしなりから急激に復元するという、アストロクスシリーズのシャフトに使用される共通の素材ですね。

 

ちなみにシャフトの太さはボルトリックFBと同じく、最も太い「スリムシャフト」が使用されていますね。

 

アストロクス00は他には特に新しいテクノロジーは使われてないですね。

 

ASTROX00のまとめ

以上、YONEXのASTROX100ZZのスペック情報でした。中級者向けにラリーの楽しさをコンセプトにしたラケットですね。

 

YONEX史上最軽量のラケットで操作性が高くなっているので、パワーの付いていないジュニアにはいいスペックだと思います。

 

この記事も読まれています

-バドミントンラケット
-,

Copyright© BADLOG , 2020 All Rights Reserved.